メイシーズのホリデーウィンドウ2018「Believe in the Wonder of Giving」

米大手百貨店メイシーズ・ヘラルドスクエア(Macy’s Herald Square)店では15日、冬の風物詩ホリデーウィンドウのディスプレイを披露した。イベントは、初雪が降るなか午後6時からスタート。家族連れや帰宅途中の人々が、セレモニーに訪れた。サンタがダンサーとともに登場し、合図でウィンドウが開くと、紙吹雪が舞い大きな歓声が沸き起こった。

メイシーズ ホリデーウィンドウ
©mashupNY

メイシーズ ホリデーウィンドウ
©mashupNY

- Advertisement -

メイシーズ ホリデーウィンドウ
©mashupNY

メイシーズ ホリデーウィンドウ
©mashupNY

メイシーズ ホリデーウィンドウ
©mashupNY

今年は宇宙が舞台

今年は、宇宙が舞台のディスプレイ「Believe in the Wonder of Giving」が披露された。
6面のウィンドウでは、宇宙飛行士に扮した雪だるまの「サニー・ザ・スノーパル」(Sunny the Snowpal)が、宇宙を冒険しながら、友情やチームワーク、家族との絆をテーマとしたハートウォーミングなクリスマスの物語が展開する。

©mashupNY

©mashupNY

メイシーズ ホリデーウィンドウ
©mashupNY

メイシーズ ホリデーウィンドウ
©mashupNY

macy's Christmas windows
©mashupNY

メイシーズ ホリデーウィンドウ
©mashupNY

ホリデーシーズンの音楽に合わせて動く人形や、インタラクティブなゲームが楽しめるディスプレイは、子供から大人まで多くの人を楽しませてくれる。

メイシーズ ホリデーウィンドウ
©mashupNY

©mashupNY

冬の観光名所に

メイシーズ ホリデーウィンドウ
©mashupNY

メイシーズでは、1874年よりホリデーウィンドウのディスプレイを開始。1899年には、元のユニオンスクエア店で、今の動くスタイルのディスプレイを行ってきた。
現在では、ピーク時には1時間に1万人以上の顧客がウィンドウを観に訪れるなど、冬の観光名所となっている。

ディスプレイは、1年間かけて製作される一大プロジェクトで、ディスプレイアーティスト、グラフィックアーティスト、彫刻アーティスト、アニメーター、技師、大工、音響などの専門家ら約200名によって完成する。

MACY’S HERALD SQUARE

住所:151 W 34th St, New York, NY 10001, USA
期間:2018年11月15日から2019年1月1日まで

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES