ホーム ニュース ミシガン州のメイシーズで店...

ミシガン州のメイシーズで店員暴行事件 警察が捜査

ミシガン州フリントタウンシップにあるメイシーズの店内で15日、店員が暴行を受ける事件があった。

FT Quayと名乗る人物が15日にフェイスブックに投稿したビデオには、店員の白人男性が黒人男性に背後から頭部を殴られ、倒れる様子が撮影されている。倒れた店員は、手で男性を制止しながら理由を尋ねた。しかし、黒人男性は「私に触るな、N–」と蔑称交じりの言葉を繰り返し、さらなる暴行を加えた。店員は「触っていない。ごめんなさい」と述べている。FT Quayはコメントで、もとは店員が電話ごしに差別用語を使用したことが、暴行の原因だと示唆している。

一方、メイシーズは19日、暴行は「いわれのないもの」と非難した。同社は、地元メディアに対し「メイシーズの顧客と従業員の安全は最優先事項であり、月曜日に起きた事件について深い悲しみを抱いている。」と述べ、「いかなる職場の暴力も容認できない。当日のすべての資料がレビューされているが、攻撃がいわれのないものであることは明らかだ」と語った。また地元捜査当局に協力していることを明かした。

- Advertisement -

事件以降、メイシーズとモールはともに追加のセキュリティ・スタッフを配備しているという。

なおメイシーズから当初、被害者の立場に関する発表はなかったが、タウンシップ警察は19日の声明で、同社の店員であることを明らかにした。

声明で警察は、6月15日に通報を受けメイシーズに向かった警察官は「店の従業員が若い黒人男性から暴行を受けたことを知った」と説明。「犯人は暴行後、2人目の人物とともに現場から逃走した」と述べた。また「暴行は2人目の人物によって撮影され、SNSで共有された」とし、2人を知る人物に対して、情報提供を呼びかけた。

TOP STORIES

Recommended stories