「地獄へまっしぐらだ」リンマニュエルミランダが大統領を痛烈批判

29日(土)、トランプ大統領は、プエルトリコの首都、サン・フアン(San Juan)のカルメン・ユリン・クルス(Carmen Yulín Cruz)市長をツイートで批判した。その内容に多くの非難が集中している。

特に強い口調で非難したのは、大ヒットブロードウェイ「ハミルトン」をプロデュースし、脚本、作曲、主演を務め、トニー賞を受賞した俳優のリン・マニュエル・ミランダ氏(Lin-Manuel Miranda)。

家族がプエルトリコ在住で、救済活動の呼びかけを積極的に行っているミランダ氏は、怒りのツイートを投稿。
「トランプ大統領、あなたは、地獄にまっしぐらだ。そう遠くない日に。誰かが、さあ、こちらですよと言って、道を開けてくれるだろう。」

Advertisement

また、トランプ大統領が、この週末ニュージャージのゴルフクラブで過ごしていることを指摘し、
「彼女は24時間休む間もなく働いています。あなたはゴルフをし続けている。地獄へまっしぐらに向かっている。いままで乗ったことのない早いゴルフカートでね。」

「このツイートは、1番ホールから?もしくは18番?それともクラブ?いずれにしても、それは嘘だ。あなたは、生まれながらにして嘘つきだ。」と続けた。

ことの経緯は?

28日(木)に国土安全保障長官代理のエレイン・デューク氏(Elaine Duke)が行った会見の中で、政府のハリケーンへの対応は、非常に満足のいく内容だと発表していた。人々への対応と死者を最低点に抑えたこと。みながコミュニケーションを取り合って、回復に向かっているのは、良いニュースだと述べた。

それに対してクルス市長は、CNNの取材で「damm it(スラング)と」悔しそうな表情を浮かべ、これは「無責任な声明」で、「人々は湧き水で水を補給しており、赤ちゃんには食料もありません。・・・人々は死にかけているのです。事態は悪化する一方です」と、現実は対照的であると惨状を訴えた。

29日(金)クルス市長は記者会見を行い「水、食料、衣料品が行き渡らず、人々は死にかけている。」と涙をこらえながら、救助を求めた。

30日(土)午前に大統領は、(クルス氏の)リーダーシップの欠如だ。プエルトリコの人は、政府に依存しすぎている。彼らの要求には全て対応している。政府は1万人を派遣しており、彼らは素晴らしい仕事をしている。市長は民主党員に入れ知恵されている。などと、市長らを非難するツイートを複数投稿した。また、これらのニュースを配信しているCNNやNBCに対して、フェイクニュースだとメディア批判を行った。

この内容に関して、MSNBCの取材に対応したクルス市長は、「ただ救助を頼んだだけで、大統領を不快にさせるようなことは言っていません。私には、このような言い争いに時間を割くことができません。私がすべき事は、助けを得て、前に進むことのみです。」と回答した。電気や携帯も復旧していないため、救助が必要でも連絡することができない人も多いという。

多くの人々から批判

レディー・ガガ (Lady Gaga)歌手
「明らかにリーダーシップが欠如しているのは、大統領よ。プエルトリコは、米国の一部。これは私たちが責任を負わなければならない。」

ジョージ・タケイ(George Takei)俳優、アクティビスト
「トランプにチャンスをと言ったが、(ハリケーン)マリアが、何百人の米国市民を救うというチャンスだった。なのに、彼は、ツイートであざ笑った。本当に、腹立たしい。」

エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)コメディアン
「クルス市長、私は見てますよ。聞こえています。愛しています。あなたはヒーローです。」