お騒がせキム・カーダシアンのジャクリーン風写真が物議

雑誌「インタビューマガジン(Interview magazine) 9月号」のために撮影された キム・カーダシアン の写真が、炎上騒ぎとなっている。

カバー写真には「America’s New First Lady(アメリカの新しいファースト・レディー)」の文字が入り、ジャクリーンケネディ風の出で立ちのキム・カーダシアンが、4歳になる娘のノース・ウエストちゃんとともに写っている。
カバーを含む一連の写真を、キム本人が28日にSNSに投稿したが、アメリカの最も愛されたファーストレディとして、未だ語り継がれるジャクリーン・ケネディをモチーフにした写真には、多くの批判が寄せられているようだ。


「どこがジャッキーなんだ。彼女には気品と品格がある。あなたにはそれがないだろう。」


「妄想はなはだしい。どんな写真を撮っても構わないけど、それで、あなたの人徳や、想像力の欠如が補えるわけじゃない。」


「キム・カーダシアンがジャッキーのようになろうするなんて、ばかばかしい。出直しなさい。」

一部からは、カーダシアンの肌が通常よりも黒く、娘のノースちゃんに寄せて写されていることを非難する声が上がっている。


「顔を黒くするのは、人種差別よ。あなたが黒人と結婚しているとしてもね。」


「1.彼女はジャッキーじゃないわ。2.雑誌者は彼女を黒人女性に似せようとしている。黒人女性は、他の人種の女性が、彼女達に似せようとすることが好きじゃないわ。」

一方、キム本人は、写真をとてもお気に入りで、「一生の宝にするわ」とコメントしている。

ゴシップ系サイトのTMZによると、今年6月に開催されたクリスティーズのオークションで、ジャクリーン・ケネディのカルティエの腕時計を、キム・カーダシアンが37万9,500ドル(約4,170万円)で落札している。彼女のジャッキーへの憧れは相当なものなのかもしれない。

関連記事

ケンダル & カイリーの新作Tシャツ 炎上騒ぎで販売中止へ

米ペプシ ケンダル・ジェナーを起用した新CMが大炎上

メットガラ トイレで喫煙するセレブ等にNY市が警告