ホーム ニュース 金正恩氏 復活は本当?

金正恩氏 復活は本当?

重篤説が流れていた金正恩朝鮮労働党委員長について、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、同氏が1日に平安南道にある肥料工場の落成式に出席したと報じた。

金氏が公の場に姿を表すのは20日ぶり。KCNAは、金氏が工場でテープカットをする様子などの写真付きで報じた。

米複数メディアは、事実について独自に確認出来ていないと報じており、ネットでは様々な憶測が飛び交った。

- Advertisement -

CNNのアジア担当記者、ウィル・リプレイ氏は、日付がついた看板の前に座る金氏の写真について、「彼は5月1日の入ったバナーの下に都合よく収まっている。彼らがビデオを公開するか様子を見よう」とツイートした。

これに対してあるユーザーは、大きな日付の入ったバナーを用意していることが不自然だと主張。別のユーザーは、日付部分にデジタル加工された跡があると指摘した。このほか、隣に座る実妹の金与正(キム・ヨジョン)氏の髪の長さが、同時に公開された他の写真と違うといった声も上がった。

また、北朝鮮を調査分析する企業のCEO、チャド・オキャロル氏は、別の写真に、2014年に金氏が足の治療を受けた際に使用したとみられるゴルフカートが写り込んでいる点を指摘。健康になんらかの問題があった可能性を示唆した。

様々な憶測が飛び交ったものの、この後ウィル・リプレイ氏は金氏の映像を入手。ツイッターでシェアした映像には、タバコを吸い、工場を歩き回る金氏の姿が映っている。

「彼は歩いて、笑って、タバコまで吸っている。われわれはこの20日間で何が起きたのか知ることはできないだろう。でもKJUは帰ってきた」

TOP STORIES

Recommended stories