ホーム ニュース ウィスコンシン州ケノーシャ...

ウィスコンシン州ケノーシャ 銃撃事件で3人が死傷。17歳少年を逮捕

警察官による黒人男性銃撃事件に対する抗議活動が続くウィスコンシン州ケノーシャ(Kenosha)で、25日夜、3人がライフルで撃たれ死傷する事件が発生した。

ケノーシャ警察は、銃撃で2人が死亡し、1人が負傷したと発表。負傷した1名は、重傷だが命に別条はないという。地元メディアは、死亡したうちの1人は頭部に、もう1人は胸部に銃弾を受けたと報じている。

SNSに投稿された動画には、ライフルを持った男が、プロテスターとみられる人々に向けて発砲する様子が撮影されている。

- Advertisement -

動画は、集団がライフルを持った男を追いかける場面から始まっている。途中、男は転倒。近づこうとする数人に対し、倒れたまま複数回発砲した。その後、男は立ち上がり、両腕を上げ投降するような仕草を見せ、警察車両に向かって歩いた。しかしその場で、警察官に拘束されることはなかったという。

26日、ケノーシャから30分ほどの距離にあるイリノイ州レイク郡アンティオクの警察は、銃撃事件に関連して、カイル・リッテンハウス(Kyle Rittenhouse)氏(17)を拘束し、「第1級意図的殺人」の罪で起訴したと発表した。

アンティオク警察はまた、リッテンハウス氏の身柄をイリノイ州からウィスコンシン州に引き渡す審理が保留中だと述べている。

Milwaukee Journal Sentinelは、レイク郡の記録はまだウィスコンシン州の裁判所記録に載っていないとしつつ、ウィスコンシン州の法律では、犯人は成人として起訴されるだろうと報じている。

ケノーシャでは23日、ジェイコブ・ブレーク(Jacob Blake)さん(29)が背後から警察官に複数回撃たれる事件があった。同日夜から激しいデモ活動が行われている。ブレークさんは一命をとりとめたが、まひを負ったとみられ、医師らは脚が動くようになるか不明だとしている。

郡保安官はJournal Sentinelに対し、デモの間、武装した人々がパトロールをしていたと話した。犯人が同グループの一員かは不明。なお同州では、18歳以上は、ライセンスなしで合法的に銃器を公然と持ち歩くことができるという。

リッテンハウス氏はフェイスブックページで、警察を支持するブルー・ライブズ・マター運動に言及しているほか、アサルト銃を持った写真を投稿していたという。また母親によって投稿された写真では、警察の青い制服や州警察の帽子のようなものを着用していると報じられている。

TOP STORIES

Recommended stories