カニエ・ウェストが密かに再婚、相手はキム・カーダシアン似の建築デザイナー

1020

人種差別発言や大統領選への出馬表明など、何かと話題の付きないラッパーのカニエ・ウェスト(Ye)が、密かに再婚していたことがわかった。TMZが情報筋の話を元に報じた。

お相手は建築家のビアンカ・センソーリ(Bianca Censori)さん(27)。カニエのブランド「Yeezy」に勤めるデザイナーで、元妻キム・カーダシアンに容姿が似ているとの声が上がっている。

2人は最近、身内だけで挙式をあげたという。ただし結婚証明書を取得したかどうかは、明らかにされていない。

今週前半、ビバリーヒルズのウォルドルフ・アストリアで、2人で朝食をとる姿がパパラッチされたが、この時、カニエの左手には結婚指輪がはめられていた。

デイリーメールによると、センソーリさんは、オーストラリアの名門メルボルン大学で建築設計の修士号を取得。在学中に、ジュエリーブランド「Nylon」を立ち上げた経験もあるという。卒業後はロサンゼルスに移住し、2020年11月、Yeezyの建築部門の責任者に就任した。2022年5月には、バレンシアガのファッションショーの会場で、姿を目撃されている。

Advertisement

カニエは先月、センソーリさんの苗字をタイトルに取り入れた新曲「Censori Overloa」をリリースしていた。この中には「起きたら”これ以上無理”というテキスト、バイブルは、結婚するまでこれ以上セックスすることはできないと言っている」といった歌詞が含まれており、TMZは、これがカニエが、結婚を急いだ理由ではないかと推測している。

ちなみにカニエは、2014年に結婚したキム・カーダシアンとの間に、4人の子供がいる。2021年2月に離婚を申請し、翌年11月に離婚が成立した。カニエは、養育費として毎月20万ドル(約2,500万円)を支払っているとも伝えられている。