28日、カテゴリー4の強い勢力でフロリダ州に上陸したハリケーン「イアン」(Ian)は、南西部を中心に壊滅的な被害をもたらした。一刻も早い被災者の救済が求められているが、カマラ・ハリス副大統領が、連邦政府の支援を「平等」に基づき、有色人種のコミュニティを優先すると発言し、多くの批判が寄せられている。

ハリス氏は先月30日、民主党全国委員会のウーマンズ・リーダーシップ・フォーラムに出席し、女優のプリヤンカー・チョプラ・ジョナスと対談を行った。

ハリス氏は「非常に厳しい状況下において、自分達が作り出したものではない問題に、最も影響を受けるのは、われわれ低所得で有色人種のコミュニティだ」と主張。隣にいたプリヤンカーが「女性たちだ」と発言すると、それに同意を示しつつ、「平等に基づき、リソースを提供する。平等のために戦うことを理解するだけでなく、皆が同じ場所からスタートするのではないということを把握し、そのために戦う必要がある」と語った。続けて「人々が平等な位置にいることを望むのなら、格差を考慮し、それを機能させる必要がある」と訴えると、聴衆からは拍手が起こった。

フロリダ州のデサンティス知事の広報担当者は、ハリス氏の発言は「過ち」と反論。「副大統領のレトリックは、不必要なパニックを生じさせた」と非難し、連邦緊急事態管理局(FEMA)の個人支援は「人種や生い立ちに関係なく、イアンのインパクトを受けた全フロリダ州民が利用できる」と、支援に関する連絡先をツイートした。

またテスラCEOのイーロン・マスク氏もツイッターを更新し、「人種などではなく、最も必要とする人々」に支援を割り当てるべきと主張した。

Foxニュースによると、保守派からは「ハリケーンを人種問題にする方法を見出すことができるのは、リベラルだけ」(作家ジョン・ホーキンス)「彼女がもし大統領になったら、バイデンよりも悪くなるだろう」(ユーチューバーHodgetwins)などの皮肉がネットに投稿されている。

ニューヨークタイムズによると、ハリケーンの直撃を受けたリー郡の死者は1日、35人に達した。フロリダ州では現在、110万世帯が停電しているという。

バイデン大統領は30日の会見で、被害は「史上最大規模になる恐れ」があるとし、災害支援に尽力するよう関係部門に指示を出した。