ホームニュース米アマゾンCEOジェフ・ベ...

米アマゾンCEOジェフ・ベゾス 20億ドルの慈善活動を発表

13日、米アマゾン(Amazon)のジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)最高経営責任者は、13日、ツイッターで、妻のマッケンジー(MacKenzie)さんと共に、ホームレス家族の救済や、低所得者向けコミュニティのプリスクール(保育園/幼稚園)の開設を目的とした、20億ドル(約2,200億円)規模のフィランソロピー活動計画「ベゾス・デー・ワン・ファンド」(Bezos Day One Fund)を発表した。

フィランソロピーの内容は、「デーワンファミリーズファンド」(Day 1 Families Fund)と「デーワンアカデミーズファンド」(The Day 1 Academies Fund)の2種類。

「デーワンファミリーズファンド」では、若い家族による緊急のニーズや、飢えへの支援、シェルターの確保などに対応する市民団体やNPO組織に対して、毎年リーダシップ賞を授与する。

「デーワンアカデミーズファンド」では、新たに組織を立ち上げ、十分な行政サービスを受けていないコミュニティに対して、プリスクールを開設する。モンテッソーリ教育方法に習った高い質の教育を、全額奨学金で提供する。

ベゾス氏は、「子供たちが学び、発明し、成長する機会を提供することができ、大変嬉しく思う。」とし、学校ではアマゾン社の指針などを用いることを明らかにした。「最も重要なのは、顧客に対して真に情熱的になることだ。その子供たちも、未来の顧客となる。」と述べた。
ウィリアム・バトラー・イェイツ(William Butler Yeats)の詩の一節「教育とは、バケツを満たすことではなく、火を灯すことだ。」を引用し、子供たちの教育環境の重要さを説いた。

関連情報

民主社会主義を標榜するバーニー・サンダース上院議員(無所属、バーモント州)は先週、「Stop Bad Employers by Zeroing Out Subsidies Act」(通称 ストップ・ベゾス、Stop BEZOS)と呼ぶ、新たな法案を議会に提出。法案は、サンダース氏がここ数ヶ月間にわたり非難を展開してきたアマゾン社などの企業が念頭に置かれている。

サンダース上院議員が提出「Stop BEZOS」法案とは?

あなたにおすすめ

TOP STORIES