ハリケーン「イルマ」フロリダ半島に上陸

カテゴリー4の大型ハリケーン「イルマ」(Irma)は、10日(日)午前にフロリダ半島南端部の列島、フロリダーキーズ(Florida Keys)に上陸した。現在、フロリダ半島の西側を北上している。

CNNによると、イルマは、既に数々の観測記録を更新しているという。
・太平洋海域(メキシコ湾、カリブ海、大西洋)で発生したハリケーンで最も勢力が強い。
・5段階のうち最大となるカテゴリー5の状態を3日間保ち、衛星での観測が開始されて以来、最も長い時間カテゴリー5の勢力を維持している。
・最大風速185mph以上を、合計で37時間保ったハリケーンはイルマのみとなる。
・バハマでは、史上最大規模となる5千人の避難措置が取られた。また、米国でも避難命令が出された人数は、630-650万世帯となり、史上最大数となる予定。
・北米大陸に、カテゴリー4以上の大型ハリケーン(Major Hurricane)が1年に2つ上陸するのは、2017年が初めてとなる。

タイムライン

ハリケーンの上陸は一斉に報じられた。

ハリケーンが直撃したフロリダ・キーズ(Florida Keys)では、25インチ(63.5センチ)の降雨量が予想されている。

ストームチェイサーが、フロリダ・キーズでカテゴリー5の風速を体験。これまでの中で最も強い風だったと証言。

直撃は免れたが、マイアミでは、建設作業中のクレーンが損壊する被害が出ている。

フロリダ半島南端東マイアミ デイド郡( Miami-Dade County)は、75%の世帯が停電。
現在250万世帯が停電していると言われている。

フロリダ州南東部フォートローダーデール(Fort Lauderdale)では、トルネードが観測された。

今後ハリケーンが通過するタンパのBusch Gardens Tampaでも動物たちがシェルターへ移動。

3:35pmマルコアイランド(Marco Island)に上陸。カテゴリー3の勢力となった。

フロリダ州のネイプルズ(Naples)の様子

5pmごろハリケーンは、カテゴリー2の勢力となり、最大の風速は110mphとなっている。