ホーム mashup Picks スマホの衣替えに 海外iP...

スマホの衣替えに 海外iPhoneケーストレンド2020春

新生活がスタートする春は、何かと新しいものが必要となる。なかでも、使い古したスマホを買い換えて、心機一転しよう考えてる方も多いのでは?スマホのパートナーといえばケース。日常使いするものだからこそ、ケースにもこだわりたい。デザインと機能が両立した海外ブランドの人気のアイテムを紹介する。

リモワ アルミニウムiPhoneケース

ドイツの老舗高級スーツケースメーカー、リモワ(RIMOWA)がつくるアルミニウム製スマホケース。リモワのシグニチャーのアルミケースがそのまま小さくなったようなデザイン。世界最高峰のスーツケース同様、衝撃耐久性に優れ、デザインと機能性を求める本物志向のユーザーに人気。サイズはiPhoneXシリーズと11シリーズに対応。このほか、レザーや玉虫色のポリカーボネートケースも販売中。

Smart Battery Case

- Advertisement -

ビジネスパーソンに人気。ミニマルで機能的なデザインが人気のバッテリー付きiPhoneケース「Smart Battery Case」。シルキーでソフトなタッチで、他のバッテリー付きケースよりも軽量で持ち運びしやすい。Qi規格の充電器に対応。装着時に充電状態を示すインジケーターが画面表示され、残量を正確に把握できる。通話時間は33時間、インターネットの接続時間は21時間まで可能。

Native Unionレザーケース

icon

ニューヨーク近代美術館(MoMA)のギフトショップでも取り扱いのある、洗練されたデザインが魅力のNative UnionのiPhoneケース。こちらはソフトなイタリアンレザーを使用したラグジュアリーなデザイン。背面に便利なカード収納機能付き。皮は使い込むほどに風合いが増し、自分だけの変化が楽しめる。シンプルなデザインは年齢を問わずギフトにも喜ばれそう。

Casetify カスタムミラーケース

icon icon

ジジ・ディッド(Gigi Hadid)やカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)など、海外セレブが愛用するロサンゼルス発のテックアクセサリーブランド、ケースティファイ(Casetify)のカスタムケース。オーダー時にテキストとパターンを選んでパーソナライズすることができる。スマホケースとしてだけでなく、ミラーとして普段使いもできる、ファッショナブルで実用的なデザイン。側面に耐衝撃性のあるTPU素材のバンパーを採用。落下時の衝撃を吸収し、大切なスマホをしっかりと保護。Qi規格のワイヤレス充電器にも対応しており、ケースを装着したまま、ワイヤレス充電ができる。

Incipio Organicore iPhone cases

エコなライフスタイルをケースにも。カリフォルニア発のテックアクセサリーメーカー、Incipioが今年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで発表した植物からできた100%堆肥化可能なスマホケース。1.8mからの落下試験もクリア。耐衝撃性に優れているほか、ワイヤレス充電にも対応。サイズはiPhone11、11PRO、11PRO MAXから選べる。カラーバリエーションはブラック、ディープパイン、ストーン・グレー、オートミール・ベージュのアースカラー4色を用意。

Case-Mate PUFFER iPhoneケース

Case-Mateのファッショナブルで機能的なダウンジャケット風ふかふかケース。耐衝撃性に優れ、3mからの落下試験もクリア。ワイヤレス充電にも対応。カラーはピンク、ブラック、ホワイトの3色から選択できる。


TOP STORIES

Recommended stories