万引き犯を止めようとした83歳店員、突き飛ばされ死亡

    97

    ノースカロライナ州にあるホームセンターで、万引き客に突き飛ばされた男性スタッフ(83)が1日、死亡したことが分かった。男性は事件後、重体となっていた。

    事件は10月18日午前10時半ごろ、ヒルズボロにある「ホームデポ」(Home Depot)で起きた。地元警察が公開した監視カメラの映像には、高圧洗浄機3台をショッピングカートに入れた男が、近づいてきたスタッフを突き飛ばし、店を後にする姿が映っていた。倒れた男性は、植木に頭部をぶつけた。

    警察の発表によると、被害者の男性ゲーリー・レイザーさんは、けがの合併症で死亡した。入院先の病院で83歳の誕生日を迎えたという。ホームデポの広報担当者はFoxニュースに対し、9年間社員として勤務していたと明かし、「素晴らしい友人かつ夫、父、祖父だった。いつもすすんで皆を助けてくれた」と語った。地元の検死局は、死因を殺人によるものと断定した。犯人は現在も逃走中で、警察が行方を追っている。

    @Hillsborough Police Department

    レイザーさんの妻は地元メディアWNCNに、犯人の男は、以前から店で万引きを繰り返していたと説明。「夫は男が泥棒だと知っていた。1、2点商品を購入し、(警備員などに見せる)レシートを入手したのち、さらに商品を追加していた」と犯行の手口について語った。