ホームニュースBooksヒラリークリントンの新刊本...

ヒラリークリントンの新刊本「What Happened」 Amazon でNo.1に

ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏による新刊本「What Happened」が、発売後3日で米アマゾンサイトのベストセラーリストでNo1を獲得した。

12日に発売された「What Happened」には、2016年に大統領選に出馬し、トランプ氏に敗退したクリントン氏の体験が約500ページにわたって綴られている。

序章で「大統領選挙期間において、戻ってやり直したい瞬間について記した」と語られるように、選挙期間中の発言、大統領討論会、私用メール問題、コミー前FBI長官による調査、ロシアの大統領選介入疑惑など、大統領選の結果に影響を及ぼした問題や出来事について、クリントン氏が自らの見解と分析を、時に反省や怒りを交えながら語る。

クリントン氏は発売を記念して12日(火)、ニューヨークの書店「バーンズ&ノーブル」のユニオンスクエア店でサイン会を開催した。店前には、前日から徹夜で並ぶ人もいるなど、多くのファンや指示者らが長蛇の列をなした。

店舗の一区画を囲むように並ぶファン

泊まり込みで並ぶファンに、クリントン氏から、ニューヨークの有名ピザ店「ジョーズピザ」(Joe’s Pizza)のピザを差し入れ。ファンを驚かせた。

「What Happened」は米アマゾンで、現時点で、No1のベストセラーを達成、4.9の高評価を記録し、656のレビューが書き込まれている。しかし、Quartzの報道によると、発売翌日には1500のレビューが書き込まれており、その内、Amazon認証購入者は338人で、その時点のポイントは3.2の評価だったという。アマゾンは、コミュニティーガイドラインに違反したレビューの削除をしたことを認めているという。

日本のアマゾンでも購入が可能(洋書)
[amazonjs asin=”1501175564″ locale=”JP” title=”What Happened”]

Disclosure: We pick products and services you might find interesting. mashup NY receives a commission from our affiliate partners when you buy through our links.

あなたにおすすめ

TOP STORIES

What's New