サザンロックのパイオニア グレッグ・オールマンさん死去

Gregg_Allman
Gregg Allman performing on the Acura stage, New Orleans Jazz Fest, onFlicker by Derek Bridge

オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)の結成メンバーで、ボーカリスト兼オルガンプレイヤーのグレッグ・オールマン(Gregg Allman)さんが、5月27日(土)に亡くなった。
享年69歳。バンドのホームページは、ジョージア州サバンナにある自宅で、「静かに息を引き取った」と発表した。

ブルージーな歌声と卓越した鍵盤演奏で知られるグレッグ・オールマンさんは、1960年代後半に、ギタリストで兄のデュアン・オールマンさんとともにオールマン・ブラザーズ・バンドを結成。1971年にニューヨークで録音したライブアルバム「At Fillmore East」がヒットし、ビルボードのアルバム・チャートで13位を記録した。しかしながら、アルバムの発売から間もなく、兄のデュアン・オールマンさんがオートバイ事故で死亡してしまう。さらに翌年、バンドのベーシストを務めたベリー・オークリーさん(Berry Oakley)もオートバイ事故で他界した。困難に見舞われながらも、最終的に、アルバムは100万枚以上のセールスを記録し、バンドはサザンロックの代表格として、確固たる地位を築いた。

1975年には歌手で女優のシェール(Cher)さんと結婚したが、1979年に破局を迎えた。1995年に、オールマンブラザーズバンドはグラミー賞で最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞を獲得。同年、ロックの殿堂入りを果たした。2012年には、レコーディング・アカデミーから特別功労賞を授与された。2017年、グレッグさんは6月より演奏活動を再開する予定であったが、3月に全てのショーやツアーのキャンセルを発表。健康状態が危ぶまれていた。

訃報を受け、親交の深かったアーティストらが追悼の言葉を寄せた。

シェール(Cher)

リンゴ・スター(RingoStarr)

ドクター・ジョン(Dr. John)

ニルス・ ロフグレン(Nils Lofgren)

ジョン・メイヤー(John Mayer)

チャーリー・ダニエルズ(Charlie Daniels)