ホーム ニュース ゴリラグルー・チャレンジ、...

ゴリラグルー・チャレンジ、プラスチックカップが離れず救急治療室へ

11日、「ゴリラグルー・チャレンジ」を行ったルイジアナ州の男性が、救急治療室に駆け込んでいたことが分かった。WKBNが報じた。

レン・マーティン(Len Martin)さん(37)は、超強力接着剤「ゴリラグルー」をヘアスプレー代わりに使用したテシカ・ブラウン(Tessica Brown)さんは「嘘をついており」、実際は大したことないのを証明するためチャレンジを決めたという。

facebookに投稿した動画で、マーティンさんは赤いプラスチックカップに接着剤を塗りながら、「何でもないことを示すために、トライする」と宣言し、カップを唇に付けた。

- Advertisement -

マーティンさんは接着剤をなめるとすぐにカップは取れると思っていた。しかし、ぴたりとくっついたカップを自力で外すことができず、救急治療室を訪れたと語っている。病院では、カップを取るために、上唇のピーリングを行った。傷が治癒しない場合は、手術で唇の先端を取り除く必要があるという。「絶対に試すべきではない、すぐ止めるんだ」とインタビューで語った。

Courtesy of Len Martin

マーティンさんは、過去にスーパーのアイスリームの蓋を取り、舐めてから棚に戻す「アイスクリーム・チャレンジ」など様々なチャレンジを行っている。インタビュアーから、今回も注目を集めるためだったのではと尋ねられると、「こんなことになるとは思わなかった。バレンタインデーが近づいているのに、キスもできない」と後悔の念を語った。

チャレンジのきっかけとなったブラウンさんは、頭部についた接着剤を1カ月除去することができなかった。10日にロサンゼルスのビバリーヒルズで形成外科医の治療を受け、元の髪を取り戻した。TikTokなどで窮状を訴えたブラウンさんは、「グルーゴリラガール」(#gorillagluegirl)として大きな話題となった。

9日にブラウンさんが開始したGoFundMeでは、目標金額の1,500ドルを大幅に上回り、2万1000ドル(約220万円)の寄付金が集まっている。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES