Advertisement
ホームニュースクライムギレーヌ・マクスウェル ト...

ギレーヌ・マクスウェル トップレス少女の写真を「常に」撮影していた、エプスタイン氏の元従業員が証言

故ジェフリー・エプスタイン氏の家で働いていた元従業員の証言によると、ギレーヌ・マクスウェル氏は、家のプールでトップレスの少女の写真を頻繁に撮影していたという。

証言は、エプスタイン事件の告発者の1人、バージニア・ロバーツ・ジュフレさんとマクスウェル氏の間で争われた民事訴訟の証拠として、2016年6月にとられたもの。Law and Crimeは、証人はエプスタイン氏の元ハウスマネージャーのJohn Alessi氏だと伝えている。

Alessi氏は「彼女はとても写真に熱心で、ハイテクのカメラを持っていた。彼女は常に写真を撮っていた」と証言。マクスウェル氏がトップレスの少女の写真を撮影していたのかと聞かれると、「トップレスの少女の写真を見た」と答えた。写真は、99.9パーセントがトップレスで、ヨーロッパ人の少女だったと述べている。

Alessi氏はまた「少女たちが家に来ると、ほとんどはヨーロッパで、一部はアメリカ人だったが、彼女たちは上を脱いで、太陽を浴びに出ていた。トップをつけずにプールに入っていた」と述べ、マクスウェル氏がこれらの写真をアルバムに保管していたと語った。

マクスウェル氏は、勾留中に自殺をはかり死亡したジェフリー・エプスタイン被告による未成年者への性的虐待に協力した容疑で、今年7月にニューハンプシャー州で逮捕。偽証罪2件を含む6件の罪で起訴された。現在、ブルックリンの拘置所に収監されている。

あなたにおすすめ

TOP STORIES

What's New