ホーム ニュース 元NYタイムズ記者、メラニ...

元NYタイムズ記者、メラニア夫人に厚かましい「外国人」呼ばわりで炎上

元ニューヨークタイムズ記者で作家のカート・アイケンウォルド(Kurt Eichenwald)氏は、ホワイトハウスの庭園をリノベーションしたメラニア大統領夫人に対しツイートで、厚かましい「外国人」などと非難。内容が「外国人嫌悪だ」として炎上した

メラニア夫人は22日、約60年ぶりにローズ・ガーデンをリノベーションし、その画像を投稿した。

ウエストウィングに隣接するローズガーデンは、米国で最も有名な庭園として知られ、これまでに歴代大統領のイベントやセレモニーが開催されてきた。メラニア夫人は、24日から始まる共和党全国大会の2日目に、ローズガーデンからスピーチを行う。

- Advertisement -

庭園は1961年、ヨーロッパ歴訪から夫人とともに帰国したケネディ大統領が、外国のような豪華な庭園をホワイトハウスに設けたいとして、友人のバニー・メロン氏に再設計を依頼したという。米大統領のシンボルともいえる庭園の改装には、ネットユーザーから「葬儀場のようだ」などと厳しい意見も寄せられていた。

アイケンウォルド氏は、メラニア夫人に対し「歴史を破壊した。他のファーストレディたちは、こんな厚かましいことはしなかった。私は初めてファーストレディが外国人であることとに、怒りを覚えた。彼女にローズ・ガーデンをボロボロにする権利はない。」と投稿。また「GWブッシュの二期目から市民となっただけのファーストレディが、ローズ・ガーデンを破壊する厚かましさを持ち合わせているのは、信じられない。」「低俗で、有害、愚かな人々は、ホワイトハウスから出ていくべきだ。なんて傲慢なんだ。」と続けた。市民である期間が短いことを指摘し、「われわれの歴史を尊重すべきだ」と主張した。

スロベニアで生まれ育ったメラニア氏は、2006年に米国の市民権を取得している。

アイケンウォルド氏の投稿は、他のジャーナリストから非難を浴びた。インターセプトの上級コラムニストでアルジャジーラでホストを務める、メディ・ハサンMehdi Hasan)氏は、「恐ろしく反移民的な見解だ」として、すぐにツイートを削除し、謝罪するよう求めた。「非難するのは結構だが、彼女の国籍取得に対して疑問を投げかけたり、移民が二流だとか、他の市民に対して劣るなどと主張すべきではない」と述べ、「完全に誤っている」と非難した。

CNNのアンカー、ジェイク・タッパー氏も「これは外国人嫌悪で誤り。偏見だ。」とハサン氏に同意した

アイケンウォルド氏はその後ツイートを削除した。「悪意はなかった」と述べ、「米国に来る人は、その歴史を称えるべきで、無視すべきではないということを伝えたかった」と弁解。「言葉の使い方を誤った」として謝罪した

なおワシントンポスト紙は、ローズガーデンは以前から水はけが悪く、木が疫病にかかるなどの問題を抱えており、改装計画は以前からあり、景観設計家が設計したものだと報じた。クラブアップルツリーは、メラニア夫人に計画が提示された時は、すでに抜かれていたという。

TOP STORIES

Recommended stories