サウスウエスト航空 機内で乗客同士が殴り合いの喧嘩

5月7日(日)、カリフォルニア州バーバンクにあるボブ・ホープ空港に着陸したサウスウエスト航空の機内で、乗客が殴り合いをする騒動が起きた。

動画は乗り合わせた乗客によって撮影され、ツイッターに公開されたもの。

飛行機は、ダラス発、ボブ・ホープ空港経由でカリフォルニア州のオークランドに向かうサウスウェスト2530便。騒動は、経由地となるボブ・ホープ空港で、乗客達を飛行機から降ろしている最中に発生した。
動画では最初、つかみ合う2名の男性と、それを止めようとする女性、さらにフライトアテンダントが駆けつける様子が確認できる。その後、男性がもう一方の男性を後ろの席に押し倒す。その際、女性2名も一緒に押し倒されてしまう。押し倒した男性はそのまま、他の乗客達が止めに入るまで、何度も激しく殴りつけた。

CBSによると、地元の警察は、男一名を暴行容疑で逮捕したと話している。喧嘩の原因や、男性同士が顔見知りだったかどうかは不明。もう一方の男性は、左目の打撲、鼻の切り傷や歯が欠けるなどの怪我を負ったが、治療を拒否したという。