米感染症の権威、新型コロナの米国の死者数10万から20万人の可能性

新型コロナウイルス対策チームのメンバーで、国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ(Anthony Fauci)所長は29日、CNNの報道番組のインタビューで、ウイルス感染による死者数が20万人になる可能性があると述べた。

ファウチ氏は、モデルに基づく堅実な予測は難しいと述べつつ、死者数について「現在観察しているところでは、10万から20万人になるといえる」と述べた。感染者数については「数百万人になるだろう」と語った。一方、変化の激しい状況では、「これに縛られたくない」と述べ、予測が常に変わる可能性があることを強調した。

ジョンズ・ホプキンス大学の調査によると、新型コロナウイルスの感染による米国の死者数は28日に2000人を超えた。感染者数は26日に中国とイタリアを抜き、現時点で124,763人となっている。