ホームUncategorizedおうちでニューヨークごはん...

おうちでニューヨークごはん♪ NYのベストブランチメニュー、エッグベネディクト

ニューヨークの名物料理を紹介する新コーナー「おうちでニューヨークごはん」。今回は、ブランチの人気メニュー、Egg Benedict(エッグ ベネディクト)にトライします。

エッグベネディクトの起源については、ベネディクト氏が二日酔いからリカバーするためにホテルにオーダーしたものや、銀行家のベネディクト氏が発明した、など諸説はあるものの、ニューヨーク生まれのお料理と言われています。

エッグベネディクトは、朝食の女王ことサラベス(Sarabeth’s)や、ジャンジョルジュ氏のABCキッチン(ABC Kitchen)といった有名店から、地元のカフェにいたるまで必ずサーブされている人気のメニュー。

- Advertisement -

白いポーチドエッグに鮮やかな黄色のオランデーズソース(Sauce Hollandaise)がかかったお料理は、とってもフォトジェニック。ソースとポーチドエッグの作り方をマスターして、ぜひ週末の朝食、ブランチメニューに取り入れてみてはいかはでしょうか。

まずは動画で手順をご確認ください!

材料(4枚分)

<オランデーズソース>
卵黄・・・2コ
レモン・・・半分
水・・・小さじ1
塩・・・少々
無塩バター・・・2/3スティック(75g)

<本体>
卵・・・4コ
イングリッシュマフィン・・・2枚(半分に切って使用)
カナディアンベーコン・・・4枚(ハムで代用可)
ホワイトビネガー・・・少々
チリペッパー・・・適量

*カナディアンベーコンはロース肉を加熱処理したもの。アメリカでは同名で一般的に販売されていますが、ベーコンと呼ばれるものよりもハムに近い食材です。

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

作り方

<ソース>
1 ボウルに卵黄、レモン汁、水を入れてよくかき混ぜます。

2 お湯を張った鍋の上にボウルを置き、溶かしバターを少しずつ入れながら、とろりとするまでかき混ぜます。

<ポーチドエッグ>
3 沸騰したお湯にホワイトビネガーを垂らします。

4 たまごを白身からすべるようにお湯に浮かべます。

5 3分ほど経過したら、たまごをすくい、キッチンペーパーの上において、水分を払います。

<マフィン、ベーコン>
6 バターをひいたフライパンに半分に切ったマフィンを置き、切り面を炙ります。

7 カナディアンベーコンを少し焦げ目がつく程度に焼きます。

8 マフィンにベーコン、ポーチドエッグを乗せて、上からソースをかけて出来上がりです。
お好みでチリペッパーやシーズニングをかけてお召し上がりください。

使用しているカナディアンベーコンは、ハムやベーコン、サーモンなどでも代用が可能です。お好みの具で楽しんでください。

©ニューヨークおみやげガイド
©ニューヨークおみやげガイド

あなたにおすすめ

TOP STORIES