ホーム ニュース ウディ・アレンの性的虐待疑...

ウディ・アレンの性的虐待疑惑のドキュメンタリーHBOで放送へ

現在35歳となったディランさんは、屋根裏部屋での出来事について「彼は私に性的暴行をはたらいた。弟の電車セットを見つめていたのを覚えている」と振り返っている。

母親のミア氏は1992年1月、スン・イーさんの裸の写真を発見した。アレン氏への未練とスン・イーの実弟、モーゼスさんを育てていたことから離婚をためらったが、8月にコネチカット州で、ディランさんへの性的虐待を友人を通じて知り、離婚を決意したという。

アレン氏とスン・イーさんの関係は、彼女が高校生の時から続いていた。作品には、昼食時に学校を抜け出し、アレン氏を訪問していたというドアマンの証言や、部屋のコンドームを片付けたと話すメイドのインタビューなども含まれている。なお2人は1997年に結婚しており、婚姻関係は現在も続いている。

疑問の残る捜査

- Advertisement -

コネティカット州警察とニューヨークの児童福祉サービスは、アレン氏の虐待を調査したが、立件されずに終わった。

コネティカット州の捜査では、イェール・ニューヘブン病院の報告書は、ディランさんを信頼できる証人になり得ないと結論付けた。アレン氏は警察のポリグラフを拒否し、自身で実施したものを提出したという。検察は、ディランさんの精神面が不安定で年齢も低いとして起訴を見送った。

ニューヨーク州の児童福祉サービス局の職員が「著名人など注目度の高い案件は”ビッグウィッグ”(重要人物)に引き継がれ、何もすることができない」と記した文書も作品で公開される。

TOP STORIES