ホーム ニュース ウディ・アレンの性的虐待疑...

ウディ・アレンの性的虐待疑惑のドキュメンタリーHBOで放送へ

映画監督のウディ・アレン氏(85)の養女に対する性的虐待疑惑を扱ったHBOのドキュメンタリー「Allen v. Farrow」(全4回)が、21日に放送される。

アレン氏には1990年代、養女のディラン・ファローさんに性的虐待をはたらいた疑いがもたれている。

作品では、当時7歳のディランさんが母親のミア・ファロー氏に、アレン氏から「隠部を触られた」と告白するホームビデオや、ファロー氏がアレン氏に虐待疑惑を追求する電話の音声などが初めて公開される。

- Advertisement -

ヒップホップ界の大物ラッセル・シモンズの性的暴行疑惑に関する映画「オン・ザ・レコード」(On the Record)を手がけたカービー・ディック(Kirby Dick)とエイミー・ジーリング(Amy Ziering)が監督を務めた。撮影に3年半を費やした。

衝撃の内容が明らかに

アレン氏は「アニー・ホール」や「マンハッタン」などでヒット作を出し、絶頂期だった1979年、ミア・ファロー氏と結婚。同年、音楽家のアンドレ・プレヴィン氏と離婚したミア氏には、スン・イー(Soon-Yi)さんや、モーゼス(Moses)さんらの養子がいた。

デイリーメールによると、ミア氏は作品で「かわいいブロンドの女の子」を養子にしたいというアレン氏の提案で、1985年にテキサス州からディランさんを養子に迎えたと明かしている。

当時7歳のディランさんは、母親の撮影するホームビデオで、2度の性的虐待を受けたと話している。アレン氏がソファーの上で「プライベート(陰部)を触り、脚に息を吹きかけた」と語ったほか、屋根裏部屋へと誘われ、背後から陰部を触られたと打ち明けている。

TOP STORIES