ホーム ニュース ニューヨーク ブロードウェイミュージカル...

ブロードウェイミュージカル「アナ雪」上演を終了

ディズニー・シアトリカル・プロダクションは14日、ブロードウェイミュージカル「アナと雪の女王」(Frozen)は再開せずに、上演を終了すると発表した。

トーマス・シューマッハ(Thomas Schumacher)プレジデントは、「2013年夏にブロードウェイ化が始まった時、2つのことは想像もつかなかった。世界5ケ国でプロダクションが決定したこと。そして、パンデミックで世界経済が変わり、ブロードウェイで上演中の3つのディズニーのショーが継続できなくなったこと。」と新型コロナウイルスによる影響を語った。チケット購入者には、30日以内に返金される。

同プロダクションによると、アナ雪は、2年以上にわたり、851回の公演を行った。観客動員数は130万人以上で、興行収入は1億5,000万ドル以上を記録。2018年のトニー賞は最優秀ミュージカル賞を含む3部門でのノミネートされた。今後は、北米ツアーの開催のほか、2021年までにオーストラリアおよびイギリス、日本、ドイツでの公演を予定している。

- Advertisement -

最後の上演日は、3月11日だった。この翌日、ニューヨーク州のクオモ知事は500人以上の集会禁止を発表。これに伴い、主なブロードウェイの劇場は閉鎖された
今月12日、ブロードウェイのプロデューサーや劇場の経営者を代表する団体ブロードウェイ・リーグは、レイバーデーの9月6日まで、41の劇場を引き続き閉鎖すると発表した。

ニューヨークタイムズによると、ディズニーはこれまでに「ライオンキング」と「アラジン」を含む3作品が舞台化してきたが、「アナ雪」は批評家の評判が芳しくなく、最も興行成績が低かったという。上演終了によって、ショーを継続するための十分な観客が動員できないことを明らかにしたと報じた。ピーク時の興行収入は、週平均260万ドルだったが、2月時点では約100万ドルまで落ち込んでいたという。

TOP STORIES

Recommended stories