ホームニュースエンターテイメント『ダイ・ハード』はクリスマ...

『ダイ・ハード』はクリスマス映画か否か?長年の論争に決着

公開から30年。ジョン・マクレーン刑事が属するNY市警察とLA市警察が揃って宣言!

論争が続いていたブルース・ウィリス(Bruce Willis)主演のブロックバスター映画『ダイ・ハード』(Die Hard)が、クリスマス映画にふさわしいかどうかについて、公開から30年を経た2018年、ついに終止符が打たれた。

1988年米公開の『ダイ・ハード』は、クリスマスイブの夜、ロサンゼルスで発生したテロ事件現場に偶然居合わせた1人の警察官が、犯人から市民を救うアクション映画。典型的なクリスマス映画とはジャンルが異なることから、しばしば論争の的となってきた。

NYPDとLAPDは、クリスマス映画と宣言

主人公のジョン・マクレーン刑事が属するニューヨーク市警察(NYPD)と、事件の夜に即席の相棒となったアル・パウエル属するロサンゼルス市警察(LAPD)は24日、揃って「クリスマス映画だ!」と宣言した。

- Advertisement -

NYPDが先に「1988年に発生したナカトミプラザでのハンス・グルーバーらによる攻撃以来、ともにクリスマスを守ってきた我々のパートナー、LAPDに感謝を申し上げたい」とハッシュタグ #YesItsAChristmasMovie をつけてツイッターにメッセージを投稿した。

これに対応する形で、LA市警察もNY市警察への協力と感謝を述べ、マクレーン刑事の有名なセリフ(カウボーイが使うyahoo!!に似た意味)と、サンタの挨拶「Yippie Ki Yay & ho ho ho」で締めくくった。

FOX映画や、ブルース・ウィリスらも見解

これに先駆け、配給会社の20世紀フォックスは19日、クリスマス風の予告編を公開した。アクション映画よりは、ホームアローン風ともいえるコメディテイストの仕上がりとなっている。

マクレーン刑事役を演じたブルース・ウィリスは「クリスマス映画ではない!」とトーク番組で宣言している。
一方で、妻役ホリーを演じたボニー・べデリア(Bonnie Bedelia)は、「典型的なクリスマス映画のファミリー映画ではないけど、クリスマスの定番カテゴリーの中に入れるべきよ」とPEOPLE誌に語るなど、2人の意見は分かれているようだ。

ニューヨークを舞台としたクリスマス映画

あなたにおすすめ

TOP STORIES