ホーム ニュース 政治 下院民主党 弾劾決議案を提...

下院民主党 弾劾決議案を提出、水曜日に採決か

民主党は11日、下院にトランプ大統領を弾劾訴追する決議案を提出した。

決議案はデイビッド・シシリーン議員(ロードアイランド)とテッド・リュウ議員(カリフォルニア)、ジェイミー・ラスキン議員(マサチューセッツ)らが策定した。

訴追条項は「暴動の扇動」の1件で、トランプ氏は、選挙結果は不正によるものとの虚偽の発言を繰り返した上、1月6日の集会で無法な行動を奨励、および無法な行動に帰結することが予見しうる声明を意図的に行ったと主張。また、6日以前から選挙結果を転覆、妨害を試みたと指摘し、この中にはジョージア州務長官に選挙結果を覆す票を「見つける」よう要求した件が含まれるとした。

- Advertisement -

トランプ氏は、これらの活動によって「米国の安全保障と政府機関を重大な危険にさらす」とともに「民主主義システムの清廉性に脅威を与え、平和的な権力の移行を妨害し、政府と同等の機関を危険にさらした」と説明。

「ドナルド・トランプは、これらの行いによって、国家安全保障と民主主義、憲法に脅威であり続けることを示し、自己統治と法の支配に対して著しく不適格な方法で行動した」とした上で、「弾劾と公判、罷免、名誉、信任または報酬を伴う合衆国の公職に就任する資格を剥奪」するべきであるとした。

民主党は同日、憲法修正25条を用いてトランプ氏の解任するようマイク・ペンス副大統領と閣僚に求める決議案について、全会一致の同意を求めたが、共和党議員が反対した。民主党は同決議案を、早くて火曜日の本会議で採決にかけるとみられている。

弾劾決議案にはすでに、可決に必要な過半数を超える218人の議員が共同提案者に加わったという。これまで、2度の弾劾訴追を受けた大統領はいない。

CNNは、ステニー・ホイヤー院内総務(民主党 メリーランド)は党内の電話協議で、修正25条の決議案を火曜日に、弾劾決議案を水曜日に採決する意向を伝えたと報じている。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES