ホーム ニュース ブルックリンに新たなフード...

ブルックリンに新たなフードモール「DeKalb Market Hall」がオープン!

6月16日(金)ブルックリンのダウンタウンに新たなフードモール「DeKalb Market Hall(デカルブ・マーケット・ホール)」がオープンした。場所は、Dekalb駅の真上にある複合施設City Point(シティ・ポイント)の地下スペース。
同施設内には、食事のできる映画館「Alamo Drafthouse Cinema(アラモドラフトハウスシネマ)」や、大手小売店「Target(ターゲット)」、近日オープン予定の「トレーダージョーズ」が出店している。

DeKalb Market food Hall
©mashupNY

60,000スクエアフィートの売り場面積には、地元ブルックリンを中心とした話題のフードベンダー約40店舗が軒を連ね、規模の大きいフードモール。
ジューイッシュ(ユダヤ)料理から、イタリアン、BBQ・ハンバーガーなどのアメリカ料理、寿司やベトナム、中華などのアジア料理や南米料理など、ニューヨークらしい多様性に富んだ食事を味わうことができる。
また、地元で採れた新鮮な魚や肉、野菜などを販売する店も出店しており、食料品等の買い物ができるのも特徴の一つとなっている。

- Advertisement -

DeKalb Market food Hall
©mashupNY

カラフルなネオンサインが印象的なホール内は、商店街の路地裏を散歩するような、ノスタルジックな雰囲気の空間となっている。話題のレストランを一挙ご紹介!

Katz’s Deli(カッツ・デリ)

マンハッタンのローワーイーストサイドにある創業1888年の老舗ジューイッシュデリKatz’s Deli。創業129年目にして、新たなお店をオープンするということで大きな話題となった。伝統的な製法によって作られた、ジューシーなパストラミやコーンビーフのサンドイッチや、マッツォボールスープが代表的なメニュー。www.katzsdelicatessen.com

DeKalb Market food Hall
©mashupNY

DeKalb Market food Hall
©mashupNY

Hard Times Sundaes ハード・タイムズ・サンディーズ

フードトラックからスタートしたブルックリンのカルトハンバーガー店。アンガス牛を使用したハンバーガーは、Time Out New Yorkなど多くのメディアで、市内一のベストハンバーガー店やベスト屋台フードと称されている。出店は、グランドセントラル近くの「UrbanSpace Vanderbilt」店に次ぎ2店舗目となる。オーナーのAndrew Zurica氏は、本店以外に、ベーグルショップ「Andrew’s Classic Brooklyn Bagels」も出店中。公式サイト

View this post on Instagram

This burger is LIT! #🍔 My fave roadside #burger joint @hard_times_sundaes returns to Brooklyn at its new home inside @dekalbmarkethall! This is the largest #foodmarket in Brooklyn w/ over 40 diverse vendors including a massive @traderjoes. Had a fun time previewing it tonight w/ @savorysweetlive. Opens to the public tomorrow (Fri 6/16) so get excited BK! 🙌 Check my IG stories for more! . . . #dekalbmarkethall #DMHeats #hardtimessundaes #bestburger #topburger #nycburger #hotbunsclub @hotbunsclub #burgeratti #burgraphy #burgerlover #burgerlovers #carnivore #eatmeat #meatshow #ladieswhomeat #downtownbrooklyn #brooklyneats #brooklynfood #seeyourcity #jeaniuseats #jeaniusmeats

A post shared by Jean Lee❤️Eat-Drink-Travel (@jeaniuseats) on

Fletcher\’s Barbecue フレッチャーズ・バーベキュー

ブルックリンのGowanus(ゴワナス)にあるバーベキュー店。ホルモンや抗生物質などを使用しない上質の牛肉を使用し、メイプルやレッドオークの木でスモークしながら焼き上げる。同店では、サンドイッチメニューを中心に販売し、オーダー後にハンドカットしたものを食べることができる。公式サイト

Wilma Jean ウィリマ・ジーン

ブルックリンのCarroll Gardens(キャロルガーデンズ)にある南部料理のレストラン。アーカンソー州生まれのオーナー兼シェフ、Rob Newton(ロブ・ニュートン)氏が、伝統的なレシピによって作ったフライドチキンが、ニューヨークタイムズなど多くのメディアで絶賛されている。たっぷりの香辛料で味付けされた、ピリ辛でカリカリのチキンフライを味わうことができる。公式サイト

Pop Cake Shop ポップケーキ・ショップ

12歳の頃から家族のためにデザートを作り続け、口コミで人気が広まっていったShena Lawson(シェナ・ローソン)氏による初の店舗。ケーキは、すべてカスタマイズで作ることができる。チョコレートやレッドベルベットのベースを1種類、ジャムやクッキーなどのフィリングやトッピングを2種類選び、オリジナルのケーキが味わうことができる。ホイップが乗ったアイスクリームのような見た目もキュート。https://thepopcakeshop.com

DeKalb Market food Hall
©mashupNY

Arepa lady(アレパ・レディー)

クイーンズのJackson Height駅近辺(77-02 Roosevelt Ave)で、20年以上にもわたりフードトラックを営む南米料理の人気店が、初めて実店舗をオープン。フレッシュなコーンを挽いて作ったコーンミールの生地を、鉄板の上でパンケーキのように焼き、チョリソーやモッツアレラチーズを挟んだ絶品のストリートフード。

Bunker(バンカー)

2013年にブルックリンのRidgewood(リッジウッド)でオープンし、今年Bushwick(ブッシュウィック)に移転したベトナム料理のレストラン。タイやベトナムにインスパイアされたメニューを扱う。ベトナムサンドウィッチ「バインミー」や、フォー、ベトナムアイスコーヒーなどが揃う。ローカルの食材や牧草で育てた牛の肉を使用し、合成保存料等は含まれていない。http://bunkernyc.com

Ample Hills Creamery(アンプルヒルズ クリーマリー

2011年ブルックリンのProspect Heights(プロスペクトハイツ)でスタートしたアイスクリームショップ。地元農家の新鮮な卵とミルクを使用して、手作りで作られるアイスクリームは、ノスタルジックで優しい味。www.amplehills.com

この他にもダンボやチェルシーを拠点とする食料品店「Foragers(フォレイジャーズ)」が肉屋や生鮮食品、サンドイッチ店などを出店。ブルックリンフリーの大行列ができるフレンチフライ店「Home Frite」や、日本のクレープを販売する「Eight Turn Crepe(エイトターンクレープ)」、プラザホテルのフードホールにも店を構えるパン屋「Café D’Avignon」、伝統的なポーランドのパスタが味わえる「Pierogi Boys」、150種類ものレシピがあるイタリアンサンドイッチ店「Lioni Heroes」、ブッシュウィックにあるパキスタン料理店「BK Jani」など話題の店が入っている。

Dekalb Market Hall(デカルブ・マーケット・ホール)詳細

445 Albee Square W, Brooklyn, NY 11201 地図
営業時間
11AM – 9PM(日ー水)
11AM – 10PM(木ー土)
公式サイト

TOP STORIES

Recommended stories