ホーム ニュース ニューヨーク NY市 奴隷解放記念日(ジ...

NY市 奴隷解放記念日(ジューンティーンス)を祝日に

ニューヨーク市のデブラシオ市長は、来年から6月19日の奴隷解放日(ジューンティーンス、Juneteenth)を正式に市の職員と学校の祝日に指定すると発表した。

ジューンティーンスは、リンカーン大統領の奴隷解放宣言から2年以上経過した1865年6月19日、南北戦争終結後に奴隷解放の知らせがディープサウスに届いた日。奴隷解放記念日のほか、「ジューンティーンス独立記念日」や「解放の日」「自由の日」とも呼ばれる。

デブラシオ氏は「全ての市の職員と学生は、われわれの歴史と真実の意味を振り返る機会を持ち、この先取り組まねばならないことについて考える機会がある。」と述べた。
さらに「この祝日は、街の黒人の歴史と文化を祝う時間を与えるとともに、人種差別がこの街で続いていることを想起させる日でもある。」と語った。

- Advertisement -

会見に同席したファーストレディーのシャーリーン・マクレイ(Chirlane McCray)氏は、市が人種間平等および和解委員会を儲けると発表。社会学習や内観、平等に関する障壁をなくすための方法を普及すると語った。同委員会では、雇用や住居、刑事司法、環境、教育、健康などについても調査を行うと発表した。

J・フィリップ・トンプソン(J. Phillip Thompson)副市長は、教育局が、若者のための教育計画を策定していると語った。

拡大する祝日の指定

ジョージ・フロイド(George Floyd)さんや、家宅捜査で自宅に侵入した警察官に射殺されたブリオナ・テイラー(Breonna Taylor)さん、元警察官にマラソン中に射殺されたアフマド・アーベリー(Ahmaud Arbery)さんの死亡事件をきっかけに、警察官の暴行や、人種間不平等に対する大規模な抗議デモが全米で行われており、奴隷解放記念日にも注目が集まった。

なおニューヨーク州のクオモ知事も17日、今年の6月19日を州公務員の祝日にすると発表。来年に向けて州の祝日と定める立法を行うと発表した

カリフォルニア州とバージニア州、ペンシルベニア州フィラデルフィアも、19日を祝日とすると表明。
民間企業では、ツイッター社やオンライン決済のスクエア(Square)社、ボックス・メディア(Vox Media)、ナイキ、NFLなどが、同日を休日に指定すると発表した。

ジューンティーンス ニューヨーク
▲各自地区ではマーチやラリーが行われた。マンハッタンの市庁舎前の様子。©mashupNY
©mashupNY
ジューンティーンス ニューヨーク
©mashupNY

TOP STORIES

Recommended stories