Advertisement
ホームニュースクライムデートアプリで知り合った女...

デートアプリで知り合った女性を次々と殺害したシリアルキラーに禁錮160年

ニュージャージー州の上級裁判所は6日、アプリなどを通じて知り合った3人の女性を殺害し、もう1人の女性を暴行したカリル・ウィーラー=ウィーバー被告(25)に、160年の禁錮刑を言い渡した。ワシントンポストが報じた。

唯一の生存者とされるティファニー・テイラーさんは法廷で、「私は被告人に人生を狂わされた」と訴え、「メイクもしなくなった。友人もいない。いつも何かに怯えている。それでも私はここに居られるだけ幸せだと思う。彼に寛容にならないでほしい」と最高刑を言い渡すよう求めた。ウィーバー被告は、膝に手を置いて、テイラーさんの方を見つめていたという。

ウィーバー被告は、2019年に3件の殺人罪とテイラーさんの誘拐および性的暴行、殺人未遂の罪で有罪判決を受けたが、パンデミックの影響で、刑の確定が遅れていた。

被害者はいずれも黒人女性で、セックスワークに従事する女性や、精神が不安定だったり、住所が定まらないなど、脆弱な女性たちだった。ウィーバー被告は、標的を探すのにデートアプリなどを使用していた。

最初の被害者は、フィラデルフィアに住む19歳のロビン・ウェストさん。2016年9月にニュージャージー州北東部、オレンジ市の火災現場の廃屋で、焼死体で発見された。遺体は損傷がひどく、AP通信によると、捜査当局が歯型から身元を割り出すまでに2週間を要した。ウェストさんが亡くなったのは20歳の誕生日の数日前だったという。

ウィーバー被告はこの翌月、ジョアンヌ・ブラウンさん(33)を殺害する。ブラウンさんは住所不定だった。オレンジ市の別の廃屋で発見された遺体は、目や口がテープでふさがれ、ジャケットで首が絞められていた。

前出のテイラーさんが被害に遭ったのは11月。元セックスワーカーのテイラーさんは、当時家がなかった上に、妊娠から数カ月目だった。2人は、知人を介して知り合い、会う前に数週間、テキストや電話のやり取りを重ねた。

ウィーバー被告と会うことになった晩、テイラーさんは、男性の友人とモーテルにいたという。テイラーさんが車で迎えに行くと、ウィーバー被告は手袋とスキー用マスクをつけた姿で現れた。車を走らせると、 ウィーバー被告がトイレに行きたいと言い出し、停車させたという。ただし、ここでテイラーさんの記憶は途切れる。

テイラーさんは、地元紙に「後部座席で目覚めると、首を絞められて背後からレイプされていた。さらに首を強くしめたものだから、また気を失った」と話した。

ウィーバー被告はこの行動を繰り返したといい、しまいには、テイラーさんに手錠をかけ、顔にテープを巻いた。

テイラーさんは口でテープを剥がして、密かに手錠から手を抜くことに成功。証拠となるテキストや通話記録のある携帯電話を引き渡すから、モーテルに連れていって欲しいと頼むと、ウィーバー被告はこれに同意した。モーテルにもどったテイラーさんは、友人に何が起きたかを打ち明けた。

外でしびれを切らしたウィーバー被告がドアを叩きはじめたが、手錠を抜いた手を見せると、走って逃げていったという。

なお友人が後に警察に通報したが、警察は話を信じなかったという。

最後の被害者は当時20歳の大学生、サラ・バトラーさん。サンクスギビングの休暇でモンクレールの自宅に帰省していたバトラーさんは、Taggedというアプリでウィーバー被告と知り合った。ウィーバー被告は、性行為の対価として500ドルを支払うと約束した。

皮肉にもバトラーさんは、ウィーバー被告と会う前のやりとりで「連続殺人犯じゃないわよね?」と聞いていたという。

ウィーバー被告が捜査線上に浮かんだきっかけは、バトラーさんが帰らないことを不審に思った姉と友人が、バトラーさんのTaggedのアカウントに入り、ウィーバー被告のメッセージを発見したことだった。姉と友人は、フェイクアカウントを作って、ウィーバー被告と接触。カフェにおびき出すことに成功した。

待ち合わせ場所に姿を現したウィーバー被告に、警察が対応。職務質問を行った。ただし、この時はまだバトラーさんの遺体が見つかっておらず、逮捕に至らなかった。

12月1日、自然保護地区でバトラーさんが変わり果てた姿で発見された。遺体は枯葉や枝で覆われていたという。

捜査当局は6日にウィーバー被告を逮捕。携帯電話のデータやテキストメッセージ、検索履歴から一連の事件との関連を割り出した。

ウィーバー被告は法廷で、自分は濡れ衣を着せられたと反論。「被害者たちには同情する。遺族や友人を気の毒に思う。だが私は犯人ではない」とあくまでも無罪を主張した。

マーク・アリ判事は、禁錮160年について「目的は被告が二度と社会で自由に振る舞えないようにすること」と説明。加えて「被告人には全くもって反省が欠けている」と指摘したという。

TOP STORIES

What's New