ホーム ニュース ニューヨーク クオモ知事、トランプ大統領...

クオモ知事、トランプ大統領と会談。NY州の検査支援で合意

トランプ大統領とニューヨーク州のクオモ知事は21日、ホワイトハウスで経済再開に向けた新型コロナウイルスの検査能力の拡大や、州への財政援助などについて会談を行った。

ともにニューヨークのクイーンズ出身の2人だが、これまで陸軍工兵隊の派遣や、国防生産法に基づく人工呼吸器の製造、財政援助、経済再開に関する権限、検査の支援などで対立姿勢を示してきた。
クオモ氏はMSNBCの電話インタビューで「会談は順調に進んだ。生産的だったと思う。」と感想を述べた。財政援助についても「大変オープンで、理解を示してくれた。」と次回の法案提出への期待を語った。

のちの会見では「大統領はニューヨーク州に対して、現在の2倍、1日4万件の検査を実施することができるよう支援を約束した」と述べた。これらには、診断検査と抗体検査が含まれる。これまでにクオモ氏は、経済再開には検査能力の拡充が不可欠だと主張している。また、検査に必要とされる試薬の調達が、州単体では困難だとして、連邦政府の支援を求めていた。

- Advertisement -

クオモ氏は、トランプ氏が連邦政府がサプライチェーンに関与することで試薬を入手し、州が検査を行う研究所や物流を担うことに同意したと述べ、これは「公平で賢明な解決方法だ。」と語った。

政府が派遣した海軍病院船コンフォート(USNS Comfort)に関して、ニューヨーク市の入院患者が減少傾向にあるため、必要な地域に派遣することが可能だと伝えたと語った。

21日現在のニューヨーク州の感染者は25万1720人、死者数は1万4828人となっている。

トランプ大統領も定例会見で、クオモ氏との会見について「われわれは検査に関して理解し、合意に達した。」と述べた。また州の財政援助に対しても、検討する意思を示した。

TOP STORIES

Recommended stories