Advertisement
ホームニュースニューヨークニューヨーク州議会、クオモ...

ニューヨーク州議会、クオモ知事の災害時の緊急権限を剥奪へ

タイムズの取材に対して、クオモ知事の特別法務顧問ベス・ガーベイ(Beth Garvey)氏は、「施設外のデータは、保険局が十分に検証されたものであると確認がとれなかったため省かれた」と説明。また追加のデータは報告書の結論を変えるものではないと回答した。

複数女性からセクハラ告発

またクオモ氏自身は昨年12月以降、3人の女性からセクハラを告発されている。

2018年に経済開発局の事務次官兼および知事室特別顧問を辞任したリンジー・ボイラン(Lindsey Boylan)氏(35)は24日、Mediumの投稿で、在職中、移動中の機内でストリップ・ポーカーをしないかと誘われたほか、同意なくキスをされたなど、不適切な行為を受けたと告発した。
現在マンハッタン区長に出馬中のボイラン氏は、昨年12月、ツイッターでクオモ氏からセクハラを受けたと告発していた。

この3日後、昨年11月まで保健政策顧問を務めていたシャーロット・ベネット(Charlotte Bennett)氏(25)は、性生活を含む個人的な質問を受けるなど、クオモ氏からセクハラを受けたと告白した。

さらに1日、職場以外の女性が告発。アナ・ルック(Anna Ruch)氏(33)はニューヨークタイムズに、2019年9月、友人の結婚式に参加した際、初対面のクオモ氏から背中を触られたほか、キスを迫られるなど、望まない振る舞いを受けたと打ち明けた。

クオモ氏は、3日の記者会見で、「人々を不快にさせた」行為について、「深く謝罪する」と述べた。一方、「不適切に触れたことは一度もない」と強調し、辞任はしないと明言している。

あなたにおすすめ

TOP STORIES

What's New