ホーム ニュース ニューヨーク クオモNY知事「ニューヨー...

クオモNY知事「ニューヨークのコロナ感染爆発はトランプ氏が引き起こした」

ニューヨークのアンドリュー・クオモ州知事は8日の記者会見で、州の新型コロナウイルスのアウトブレイクは、欧州からの入国禁止措置が遅れたためだと主張。トランプ大統領が引き起こしたと批判した。

クオモ氏は、地下鉄の拡張やラガーディア空港のエアトレインの建設支援、新型コロナウイルスの対策支援金について、政府が提供を拒否していると述べた後、「ドナルド・トランプがニューヨークの新型コロナウイルスのアウトブレイクを引き起こした。これは事実だ。彼も認めており、疾病対策センター、ファウチ博士も認めている」と語った。

続けて、トランプ氏が中国ウイルスと呼んでいることについて「中国ウイルスではない。ニューヨークに来たのはヨーロッパウイルスだ。彼らはこれを見過ごしたのだ」と批判。「中国ウイルスが飛行機でヨーロッパに行った。彼らは可能性さえ考えもしなかった。そして300万人のヨーロッパ人が飛行機でニューヨークに渡航し、ウイルスをもたらした」と述べた。

- Advertisement -

3月中旬に発令したヨーロッパからの入国禁止措置は「あまりに遅すぎる」と述べ、「ドナルド・トランプと無能な疾病対策センター、無能な国立衛生研究所、無能な国土安全保障省が起こしたのだ」と語気を荒げた。

「ウイルスは、南部国境について心配しているものよりも、はるかに多くのアメリカ人を殺しているのだ」と述べ、「誰がしたのかわかりますか。ドナルド・トランプの無能だ。そして彼らが作り出した危機による損害の復旧に資金を提供しようとしない」と加えた。

ニューヨークタイムズによると、ニューヨーク州のこれまでの累計感染者数は44万人を超え、死者数は32,612人に達した。このうちニューヨーク市の感染者数は241,141人、死者数は23,744人となっている。

トランプ政権は、2月上旬に中国からの入国制限を実施。英国を除くヨーロッパに制限を拡大したのは3月12日だった。ニューヨーク州では3月1日に最初の感染者が確認された。

クオモ知事 vsトランプ大統領

新型コロナウイルスの対応を巡って、クオモ氏とトランプ氏は互いに非難を繰り広げている。先月開催された民主党大会で、クオモ氏が「政府は機能不全で無能力」と批判すると、トランプ氏は「AP通信は、クオモの無能によって殺された本当の人数は、当初の6,000人ではなく11,000人と推定している。」と老人ホームの問題を持ち出した。クオモ氏は、パンデミック中に定めた老人ホームのコロナ患者の受け入れ規則が、多くの死につながった可能性があるとして、責任を求める声が高まっている。

さらに先日、トランプ大統領がニューヨーク市への資金配分の削減を検討しているとの報道が出ると、クオモ氏は電話会見を設け、ニューヨークの街を歩くつもりなら、自衛のために「軍隊を伴った方が良い」と述べるなど、不快感を表明。「ニューヨーク市にとって、史上最悪の大統領」と述べ、「当選以来、進んでニューヨーク市を殺そうとしている」と非難した。 この翌日には、トランプ氏が「彼の操り人形のニューヨークの検事」に、コロナウイルスの老人ホームの死亡について捜査をさせるべきだとツイートすると、クオモ氏は会見で「私が検事を任命しているのではない」と反論。「大統領が検事を任命しており、彼はウィリアム・バーを任命した」と述べ、「ウィリアム・バーが彼の操り人形だ。」と述べた。

TOP STORIES

Recommended stories