ホーム ニュース ニューヨーク NY州 飲食店とジム 夜1...

NY州 飲食店とジム 夜10時以降閉鎖へ

ニューヨーク州で新型コロナウイルスの感染者が再び増加していることを受け、クオモ知事は11日、酒類販売免許を所有する飲食店とジムに対し、夜10時に閉鎖を命じると発表した。またアパートメントなど個人宅での集会も、上限を10人に定めた。新たな規則は、今週金曜日の午後10時から有効となる。

10日の新規感染者数は4,820人で、検査陽性率は2.93%だった。クラスターの発生している地域を除いた場合でも2.58%となっている。

ソース:gothamist

クオモ氏は、もし感染が抑制できない場合、飲食店の店内飲食の規制を厳格化するほか、店内飲食そのものの禁止や、ジムの再閉鎖もありうると語った。テイクアウトやデリバリーは継続する。

- Advertisement -

規制に違反した店舗の取り締まりは、ニューヨーク州酒類局(SLA)が行う。クオモ氏はSLAだけでは十分ではないと述べ、デブラシオ市長に対し、34,000人のニューヨーク市警察を取り締まりに動員するよう求めた。

また検査陽性率が上昇しているニューヨーク市のスタテンアイランドを、より予防的措置が必要なイエローゾーンに指定すると発表した。
イエローゾーンでは、集会(25人まで)や礼拝堂(定員の50%まで)、店内飲食などの人数制限(各テーブルに4人まで)が行われるが、学校や事業は閉鎖されない。

NYS DOH

ニューヨーク市のデブラシオ市長は9日の会見で、新型コロナウイルスの検査の陽性率が2%を超えたと述べ、第2波が「危険なほど近い」と市民に警戒を促した。

家庭内感染や市中感染など最近まで確認されていなかったケースも増えているという。市内の感染例の10%が旅行に関連するものだったとして、ホリデー期間中の旅行を控えるよう求めた。

ニューヨークタイムズのデータベースによると、10日のニューヨーク市の新規感染者は1207人で、7日間の移動平均は1,142人となっている。

TOP STORIES

Recommended stories