ニューヨーク州 新型コロナ感染者1.5万人超。クオモ知事「状況は4-9カ月継続」

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)知事は22日、会見を開き、最新の数字や取り組みを語った。

24時間で4,800人増加

発表によると、22日時点の州内の感染者は15,168人で、昨日より4,812人増加した。死者数は114人(+58)、入院者数1,974人(入院率13%)。

感染者の主な内訳は、ニューヨーク市が9,045人(+2,832)、ナッソー郡1,900人(+667)、ウエストチェスター郡1,873人(+486)、サフォーク郡1,034人(+373)、ロックランド郡455人(+193)、オレンジ郡247人(+84)、オールバニー郡123人(+35)、ダッチェス郡82人(+33)、モンロー郡57人(+15)、エリー郡54人(+16)となっている。

前日には15,915人が検査を行い、これまでに現在全米で最も多い61,401人が検査を行っている。

NY市に社会距離戦略の強化を要請

クオモ知事は、州の感染者の53%は18歳から49歳だと述べ、高齢者以外の感染者が多いと指摘。昨日ニューヨーク市内の公園に集まっていた人々の写真を示し、「これは誤りだ。無神経であり、傲慢、自殺行為で、他人にとっても無礼だ。いますぐ止めるべきだ。冗談じゃない。」と社会距離戦略(ソーシャル・ディスタンシング)が実践されていないことを非難した。市長と市議会議長に対し、この状況を是正する計画を、24時間に提出するよう求めたと述べた。

連邦政府の介入を要請

会見では、医療現場で使用するN95マスクの需要が州間で高まっており、価格が高騰していると明かした。カリフォルニア州、イリノイ州、フロリダ州など、他州と競合し、通常85セントのマスクが7ドルとなっていると述べ、連邦政府による介入を求めた。

具体的には、国防生産法(Defense Production Act)に基づく対応を要請。同法では、連邦政府が民間企業に緊急医療物資の製造を命じることができる。政府主導のもと、企業に対して必要な数を指示し、価格の上昇をコントロールできると述べた。
さらに、人工呼吸器の購入価格が16,000ドルから40,000ドルと高額であるとし、州では購入が不可能だと述べた。州では追加で30,000台が必要だという。

政府の支援策として、個人への現金給付を優先すべきだと主張。解雇により、食費など生活に困窮する家族がいるとし、議会で協議中の新型コロナウイルス関連対策法案の早期成立を訴えた。

一方で、法案の焦点となっている航空会社をはじめとする企業救済策について理解を示しつつ、納税者の負担による「贈り物」であってはならないと主張。2008年金融危機で救済を受けた企業が自社株買いを実施し、幹部に高額の報酬を支払ったと指摘。企業が納税者から恩恵を受け、納税者はなんら恩恵を被ることがなかったと語った。

このほか、米陸軍工兵隊(COE)の協力の元、以下の場所に各250床の仮設病院を建設すると発表した。
・ニューヨーク市のジャビッツセンター
・ロングアイランドウエストベリーのSUNYストーニーブルック(SUNY Stony Brook)
・SUNYオールドウエストベリー(SUNY Old Westbury)
・ウエストチェスターコンベンションセンター(Westchester Convention Center)

被害の大きさに応じた支援を要請

クオモ知事は、ワシントンDCの全ての議員は、自身の地元にお金を回したいと考えているが、他州の15倍の感染が確認されているニューヨーク州など、必要な地域に回すべきだと牽制した。私は民主党でも共和党でもない、地元ニューヨーカーのために戦っている。政治ごっこを行っている場合ではないと述べた。

トランプ政権は20日、ニューヨーク州に対して大規模災害宣言(MDD)を発令した。同宣言により、連邦緊急事態管理局(FEMA)の災害救援基金426億ドル(約4.7兆円)を利用できる。ニューヨーク州は緊急対応にかかった公的および個人支援費用の25%を負担する必要があるが、クオモ州知事は、どの州も負担することはできないとしてこれらの免除を求めた。

州独自で病床数を2倍に

州が実施する取り組みとして、病床数を2倍にすると発表した。具体的には、1部屋あたりの病床数などの施設に関する規制を免除。各病院の病床数を100%増加し、現在の病床数5万3千を11万にするのが目標だと語った。

一方、多くの病院で達成に困難が伴うことに理解を示し、各病院に少なくとも50%増加する計画を提出するよう求めると述べた。これにより、少なくとも7万5,000のベッドが確保できると語った。

さらに、緊急性のない選択的手術は水曜日以降キャンセルすると発表。選択的手術が大きな収入源であることを理解していると述べつつ、「これはお金ではなく、公衆衛生に関わることだ。われわれはこれを本日から義務付ける」と法的拘束力を持つ命令であることを強調した。

このほか、病床数の不足を補うために、ホテルや介護ホームといった既存の居住施設を引き受け、病床に充てる計画を公表。例として、600ベッドを有するブルックリンのリハビリテーションセンターを一時的に病院にすると述べた。

長期化を予想。40%から80%感染

クオモ知事は会見の後半で、「ニューヨーク州民の40%から80%が感染するとも予測されており、われわれはその速度を抑えようとしているが、いずれ拡散する。」と見通しを述べ、状況は4から9カ月間続く可能性があると見解を示した。

第2次世界大戦を生き延びた「最も偉大な世代の人々」(the greatest generation)を引き合いに出し、「苦難に対応することは、あなたをより強くする。人生というのは、困難を避けることではない。それらは、あなたの前にはばかり、あなたをうちのめすだろうが、ある地点で何かが起り、そして課題は克服できる。それが人生だ。私たちは逆境と困難を克服してきた。それがアメリカである所以だ。わたしたちはこのようにして誕生した。この世代にとって、チャレンジの時期であり、それが、この世代を偉大なものにするだろう。心の底から、われわれはこれを克服すると信じている。そしてアメリカはより偉大になるだろう。ニューヨークが、前に進む道を切り開いてくことを望む。」と述べた。


  • ニューヨーク州 コロナウイルス ホットライン(1-888-364-3065)
  • ニューヨーク州 新型コロナウイルス 関連情報
  • ニューヨーク市 新型コロナウイルス 問い合わせ先(311)
  • 保健当局は、咳や熱、息切れなどの症状がある場合は、直接医療機関やERに出向かないこと。自宅で待機し、事前に電話で症状について相談するよう呼びかけている。
  • 在ニューヨーク日本国総領事館 新型コロナウイルス関連情報 (電話:212-371-8222)