ホーム ニュース 政治 米、新型コロナウイルスの死...

米、新型コロナウイルスの死者10-24万人到達の可能性

トランプ大統領と新型コロナウイルス対策チームは31日の会見で、ウイルス感染による死者は10万人から24万人になる可能性があると予測を示した。

数値は、ソーシャルディスタンスなどの行動制限を継続することを前提としたもので、何も対策をしない場合は、150万人から220万人に到達する可能性がある。

デボラ・バークス(Deborah Birx)博士は、1日あたりの死者数が最も高くなるまで14日間あるとモデルを示した。また、全国的な感染防止策の開始から4週間になるイタリアでは、感染者の増加ペースが減少に転じていると指摘。政府のガイドラインを遵守することで「パンデミックのコースを変えることができる」と語った。

- Advertisement -

バークス氏はまた、カリフォルニア州やワシントン州といった早期に感染が拡大した州が、積極的な検査実施や自宅退避命令などの対策により、増加を抑えていると説明。対策の効果について理解を助けるものだと述べつつ、感染者が急増しているデトロイト、シカゴ、マサチューセッツ州、ニューオーリンズに懸念を示した。

政府はガイドラインを通じて、レストランやバーでの飲食や集会の自粛、自宅勤務といったソーシャル・ディスタンスの実施を国民に求めている。当初は3月31日までの予定だったが、トランプ大統領は2日前の会見で4月30日まで延長すると発表していた。

トランプ氏は、「厳しい2週間」になると述べ、国民にガイドラインの遵守を改めて呼びかけた。「われわれはとても厳しい2週間を経験することになる。願わくば、トンネルの終わりに真の光が見始めるだろう。」と述べ、「我々の強さが試され、忍耐力が試されているが、アメリカは愛と勇気、鋼鉄のような決意でもって答える」と語った。

国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ(Anthony Fauci)所長は、今後の目標は、ニューヨークやニュージャージーといったホットスポットがピークを切り抜けることと、他の都市部の急上昇を防ぐことにあると説明。「今はアクセルから足を話す時ではない、踏む時だ。」と述べ、4月30日までガイドラインを厳格に実施するよう求めた。

ジョンズ・ホプキンス大学によると31日時点の米国の新型コロナウイルスの感染者数は188,547人。死者数は中国を抜き、3,899人となっている。

TOP STORIES

Recommended stories