CNN トランプ氏出演に非難も、視聴者数トップに

15

10日午後8時にトランプ前大統領を招いて放送したタウンホール形式の番組で、CNNが同時間帯のケーブルニュースの視聴率で、Fox NewsとMSNBCを抑えてトップを獲得したことがわかった。

トランプ氏がCNNに出演するのは、同局がトランプキャンペーンを過剰に放送したとして非難を浴びた2016年以来。前回大統領選の投票不正の主張を続け、複数の犯罪捜査に直面しているトランプ氏の出演復帰にあたっては、リベラル派を中心に、主要メディアがプラットフォームを与えるべきではないと批判の声が上がっていた。

放送前日には、トランプ氏は、作家のジーン・キャロル氏が1996年にレイプされたと訴えた裁判で敗訴していた。ニューヨークの陪審は、レイプは認定しなかったが、性的虐待と名誉毀損を認め、トランプ氏に500万ドルの損害賠償を支払うよう命じた。

Mediaiteによると、番組の視聴者数は312万人となり、Foxニュースの141.2万人、MSNBCの137.2万人を大きく上回った。なおFoxニュースは先月、同時間帯のトップを牽引してきた看板ホストのタッカー・カールソン氏を解雇した後、視聴数の低下が伝えられていた。

トランプ氏が主張する大統領選の不正について、60を超える訴訟で証明されず、証拠はないと指摘するモデレーター役のジャーナリスト、ケイトリン・コリンズ氏に、トランプ氏は「ひどい選挙だった」と反論。激戦州の監視カメラに不正の証拠があると主張し、今後とも考えを変えない意向を話した。さらに、不正がなければ、次期大統領選で勝利するだろうと語った。

Advertisement

2021年1月、首都ワシントンで、トランプ氏の演説に集まった支持者らが起こした議事堂襲撃事件に関し、「彼らは選挙が不正だったと思ったからそこにいたのだ。誇りを持ってそこにいた。愛を胸に抱いてそこにいた」と擁護。「美しい日だった」と加え、当選すれば「彼らの多くに恩赦を与えるつもりだ」と語った。

ジーン・キャロル氏については、「この女性が誰なのか、まったく検討がつかない。これはフェイクストーリーで、でっち上げだ。と主張。「彼女はホラ吹きだ」と攻撃した。

さらに、自分が大統領ならばプーチン氏はウクライナに侵攻しなかったとも発言。大統領に返り咲いた場合、24時間以内に和解させることができると話した。ウクライナへの大量の兵器の供与によって「自分たちのための弾薬がない」と述べるなど、兵器供与の継続に批判的な立場を語った。

こうしたトランプ氏の回答に、会場にいた共和党の支持者らから、たびたび拍手が上がった。

CNNに非難の声

トランプ氏を出演させたCNNに対して、若手左派の急先鋒、アレクサンドリア・オカジオ・コルテス下院議員(ニューヨーク)は、ツイッターで、「ニュースを報じること」は「ニュースを作ること」と異なるとした上で、70分間にわたって、プロパガンダが押し通されたと批判。「民主主義への冒涜であり、女性たち、(性的暴行の)サバイバー、プロダクティブライツに頼る人々にとって大きな害だ」とし、「拍手喝采の聴衆に向けて性的暴行を冗談のように扱ったCNNは、言語道断」と厳しく非難した。

この一方、極右のトランプ派として知られる、マージョリー・テイラー・グリーン下院議員は「トランプ大統領を誇りに思う、グレート・ジョブだ」と声援を送った。