ホーム ニュース クレオパトラ役に『ワンダー...

クレオパトラ役に『ワンダーウーマン』のガル・ガドット。「ホワイトウォッシング」と非難

国際ガールズデーの11日、映画『ワンダーウーマン』の主演女優ガル・ガドット(Gal Gadot)氏が、クレオパトラの伝記映画に出演すると発表した。

『ワンダーウーマン』でタッグを組んだパティ・ジェンキンス(Patty Jenkins)監督がメガホンを取り、レータ・カログリディ(Laeta Kalogridis)氏が脚本を手掛ける。
ガドット氏はツイッターで、キャスト・スタッフともに「初めて女性の視点で描かれる作品」と述べ、「今までに目にしたことのないクレオパトラの姿を、大スクリーンで披露する」と意気込みを語った。

イスラエル出身の白人女優、ガドット氏がエジプトの女王を演じることから、ネットでは「ホワイトウォッシング」と非難の声が上がった。

- Advertisement -

ジャーナリストのSameera Khan氏は「どこのハリウッドのバカ者が、Nadine Njeimのような素晴らしいアラブ系の女優を差し置いて、クレオパトラ役に(つまらない見た目の)イスラエルの女優をキャスティングするのがいいアイデアだと思ったのか?ガル・ガドット、恥を知りなさい。あなたの国はアラブ系の土地を奪い、映画の役も奪おうとしている」と非難。さらに、「『キング・オブ・エジプト』(Gods of Egypt)で白人の俳優が神話上のエジプトの神を演じたとき、白人のリベラル派は発狂した。でもヨーロッパ系の白人でイスラエルの女優がクレオパトラを演じることは、見て見ぬ振りなんだ」と矛盾を指摘した。

このほかネットでは「Sofia Boutellaのような、北アフリカの血を引く俳優を起用してはどうか。白人の俳優でイスラエル人が、ファラオやアラブ人の役を演じるのにうんざりしている。まさに無礼!」

「ガドットは、クレオパトラとしてきっと素晴らしい仕事をするだろう。しかし、個人的には、ブラウンのペーパーバッグよりもダークカラーの肌のクレオパトラが好きだ。歴史的にはその方がより正しいと思える」など反対する声が相次いだ。

1963年公開の映画『クレオパトラ』(Cleopatra)では、ジョゼフ・L・マンキーウィッツ監督が、エリザベス・テイラー氏をクレオパトラ役に起用している。

アフリカを専門とする放送作家、James Hall氏は「ハリウッドは、常に白人のアメリカ人女優をナイルの女王に起用してきた。アフリカ系の女優を見つけることはできないのか?」と疑問を呈した。

あるユーザーは、ガドット氏のキャスティングを擁護。「確かにクレオパトラはエジプトの支配者であったが、本人は古代ペルシア人とシリア人の祖先を持つギリシャ人だ。配役に否定的な反応を示している人々は、教養がなく無知なだけだ。ガル・ガドットはこの役にふさわしい」と述べた。

クレオパトラは、古代ギリシャのプトレマイオス朝の子孫で、紀元前69年にエジプトのアレクサンドリアで生まれた。

脚本を手掛けるカログリディス氏はツイッターで、起用への感謝を示し「(クレオパトラは)私の大好きなプトレマイオス朝のファラオ。間違いなく、歴史上最も有名なマケドニア系ギリシャ人女性だ」と述べている。

TOP STORIES

Recommended stories