カフェ マルキオ Caffe Marchio

9月11日、シェイクシャック創業者、ダニー・マイヤー氏(Danny Meyer)のユニオンスクエア・ホスピタリティ・グループ(Union Square Hospitality Group、USHG)は、ミッドタウンにローマ式カフェ「カフェ・マルキオ」(Caffe Marchio)を新たにオープンした。

ホテル、レッドベリーニューヨーク(The Redbury New York)の一階に設けられたカフェは、ローマの伝統的なスタンド式のコーヒーバーをイメージして作られている。
高い天井にストーンのスタンディングテーブルなどが設置され、静かで落ち着いた雰囲気の内装となっている。ニューヨークの忙しく活気のあるコーヒーショップとは、また違った雰囲気を味わうことができる。

カフェマルキオ Caffe Marchio
©mashupNY

イタリアの定番メニューが揃う

メニューはオーセンティックなイタリアのペイストリーやサンドイッチが並んでいる。これらは、全てUSHGのイタリアンレストラン「マルタ」(Marta)のシェフ、ジョー・タラスコ氏(Joe Tarasco)と、ペイストリーシェフのジェフ・ワイズ氏(Jess Weiss)によって考案された。

朝食メニューには、イタリアのフィリングが入ったパイ風クッキー「クロスタータ」(crostatini)や、甘いクリームがぎっしりと詰まったブリオッシュのパン「マリトッツォ」(maritozzi con la panna)、ビスコッティなどローマでおなじみのペイストリーが用意されている。

ランチタイムには、ソーセージの一種、モルタデッラをサンドした「ピザ ビアンカ」(pizza bianca)や、チャバタにチキンの煮込みをサンドした、「ポッロアッラカチャトーラ」(pollo alla cacciatora)、豚ほほ肉の煮込み、エッグサラダサンド「トラメッツィーニ」(tramezzini)などイタリアではお馴染みのメニューをカジュアルなスタイルで食べることができる。

カフェマルキオ Caffe Marchio
©mashupNY サンドイッチCALDO各9ドル

コーヒーは、USHGが投資しているJoe Coffee(ジョーコーヒー)のオリジナルブレンド。ダークローストのイタリア風ドリップコーヒーをサーブ。お酒のアマーロが入った温かいコーヒー「カフェコレット」(Caffe Corretto)や、コーヒーをシャーベット状にしてホイップをのせた「コーヒーグラニータ」(Coffee granita)などのメニューも味わうことができる。

USPSは、今回オープンしたマルキオの他に、ピッツェリアのマルティーナ(Martina)やユニオンスクエアカフェに隣接したデイリー・プロビジョンズ(Daily Provisions)など、ファストカジュアル店を次々とオープンしている。

カフェ マルキオ Caffe Marchio

営業時間:7am-6pm(朝食メニューは11amまで)
住所:30 E 30th St, New York, NY 10016 地図
www.caffemarchio.com