バドライトの売り上げが低下、トランススターをキャンペーン起用した幹部が休職へ

95

米大手ビールメーカー、アンハイザー・ブッシュの主力ブランド「バドライト」が売り上げを大きく落としているという。

今月、同社がトランスジェンダーのインフルエンサー、ディラン・マルヴァニー(Dylan Mulvaney)(26)とパートナーシップを提携したことが明らかになったが、これに対して保守派を中心に反発の声が広がっていた。

ニューヨークポスト紙が市場調査会社のデータをもとに報じたところによると、4月15日を最終日とする1週間の売り上げは前年に比べ17%減少、数量は21%減少した。

代わりに競合がシェアを伸ばし、先週、バドライトが市場シェアを6.7%落とす一方で、クアーズとミラーライトはともに18%上昇したという。

マルヴァニー氏は今月1日、インスタグラムに、#budlightpatnerとともに、自身のイラストの入ったバドライトの缶を飲む動画を投稿した。これに対して、SNSでは企業の取り組みを賞賛する声がある一方で、「完全にウォーク化した」「消費者のデモグラフィックに合っていない」などの批判が相い次いだ。

Advertisement

ロックミュージシャンのキッド・ロックは3日、バドライトに向けて銃を乱射し、中指を立てながらアンハイザーを罵る動画を投稿。カントリーミュージックのシンガーソングライター、トラヴィス・トリットも、同社とのパートナーシップ契約を解消すると発表した。

一連の騒動は、アンハイザー・ブッシュのブレンダン・ウィットワース最高経営責任者が釈明を発表する事態に発展した。

ウィットワース氏は今月14日、「アメリカに対するわれわれの責任」と題した声明で、「人々を分断する議論に加わるつもりはなかった。われわれはビールを通じて人々を一つにするビジネスをしているのです」と釈明。165年前にアメリカの中部で創業した企業のトップとして、「すべての消費者が、われわれが造るビールに誇りを感じるようにする責任がある」とし、「全米の消費者に素晴らしいビールを届けるために、たゆまない努力を続けていく所存です」と表明した。

影響は人事にも及んでいる。

アドエイジによると、キャンペーンを主導したマーケティング部門の幹部が休職し、後任にグローバル・マーケティング部門のVPが就任する予定だという。

休職が伝えられたマーケティング部門のVP、アリッサ・ハイナーシャイド氏は、マルヴァニー氏のキャンペーンに先駆け、ポッドキャストのインタビューで、バドライトは「本当に長い間衰退している。若者を惹きつけて、このブランドを飲んでもらわなければ、バドライトの未来はない」と説明していた。

同氏は「そのために私が持ち込んだのは、ブランドを進化、高めるとはどういう意味かという信念で、それは包括性を意味する。トーンを変えることだ」と説明。「真に包括的で、より軽く、より明るく、異なる印象を与え、女性にも男性にもアピールするキャンペーンを行うことを意味する」と話していた。

マーケティングの専門家は、バドライトの事態が、他のブランドにトランスジェンダーの広告の起用を考え直すきっかけになる可能性があると指摘している。

ジョージア大学でLGBTQ+マーケティングを教えるジョアン・シュワルツ教授は、デイリーメールの取材に、「企業は非常に微妙な境界線の上を進んでいる。全員にアピールしたいが、その中には互いに嫌いな人々も含まれている」と指摘。今後は、よりターゲットを絞った広告にシフトするかもしれないと語った。