ホーム ニュース エンターテイメント ブルース・スプリングスティ...

ブルース・スプリングスティーン ブロードウェイ追加公演が決定

ロック界のボスことブルーススプリングスティーン(Bruce Springsteen)は、10月3日からスタートするブロードウェイソロ公演の期間延長を決定した。

ブルーススプリングスティーンのソロ公演は2005年以来となり、ブロードウェイ出演は初となる。公演は、歌や話を織り交ぜて、長いキャリアをたどる内容になるという。スプリングスティーン自身、「できる限り私的で、親密なショーにしたい」と語っており、特別な公演となる予定。

今回、スプリングスティーンが公演場所として選んだのは、老舗のウォルター・カー劇場。劇場の客席数は975席と、スタジアムを満員にするスーパースターにとって「過去40年間で最も小さな会場」となる。チケットは、できる限りファンに行き渡るようにと、販売日前に名前や住所などの個人情報を登録させ、ランダムに選ばれた者にチケット購入に必要なコードを知らせる「Verified Fan」プログラムを採用。転売業者による買い占めを防ぐ目的だが、8月30日に販売をスタートしてまもなく、チケット転売サイトには高値の出品が相次いだようだ。

- Advertisement -

定価40ドル〜800ドルのチケットがなんと、6,000ドル以上に

4万枚のチケットは、発売後1時間半で売り切れたという。しかし、チケット販売会社のチケットマスターは、当初予定の11月26日から2018年2月3日へ、10週間の公演期間延長を発表。購入を逃したファンに嬉しい報せが舞い込んだ。

ブルース・スプリングスティーン ブロードウェイ 追加公演 チケット購入情報

初回同様、チケットの購入にはチケットマスターへの事前登録が必要となる。前回登録した人は、自動的に持ち越されるため、登録の必要なし。
登録期間は9月3日の東海岸時間の午後10時まで。当選した人にはチケットマスターから9月6日に通知を配信。チケット発売は9月7日 午前10時(東海岸時間)からスタートする。
「Springsteen on Broadway」オフィシャルサイトでスケジュール及び詳細を確認できる。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES