ホームニュースニューヨークブロンクス動物園で女性がラ...

ブロンクス動物園で女性がライオンの柵内に侵入。NY市警察が捜査へ

ニューヨーク市のブロンクス動物園(Bronx Zoo)で、ライオンの敷地に侵入した女性の動画が話題になっている。

雄ライオンに対面した女性は、手を振りダンスをするなど、注意をひくような行動をとっている。

NYポストによると、動画は女性が自身のインスタグラムに投稿したもので、フィードにはライオンだけではなく、キリンやくじゃくなどの動物に近寄る画像が投稿されている。

ライオンを撮影した動画は複数投稿されており「動物は人間と同じように愛を感じることができる。」「全ての大人は怖がっているが、私と子供だけが恐怖を感じていない」とキャプションがつけられている。

ブロンクス動物園は声明で「この行為は、重大な違反行為および不法侵入にあたり、大怪我もしくは死につながる可能性がある。」と忠告。さらに「ビジターとスタッフ、動物の安全性を保つため、規則やバリアを設けている。私たちは不法侵入やバリアの侵害に対し、不寛容政策を採っている。」と厳しく対応する意向を示した。

動物園は2日、女性を不法侵入の疑いで警察に通報。現在ニューヨーク市警察が捜査している。

TOP STORIES

What's New