ホーム Uncategorized ブロードウェイスターが集結...

ブロードウェイスターが集結〜オーランド銃乱射事件の犠牲者に向けたベネフィットソング

死者49人、負傷者53人という米国史上最悪の事件に発展したフロリダ州オーランドの銃乱射事件。その犠牲者と家族の支援を目的に、ブロードウェイスター達がベネフィットソングのレコーディングを行うことが、Broadway Records(ブロードウェイレコード)より発表されました。

曲目は「What the World Needs Now Is Love(世界は愛を求めている)」という1965年にハル・デヴィッドが作詞しバート・バカラックが作曲した楽曲。
トニー賞授賞式で感動的なスピーチを行ったリン・マニュエル・ミランダさん、サラ・ジェシカ・パーカーさん、サラ・バレリスさん、グロリア・エステファンさん、ウーピー・ゴールドバーグさん等、60人以上のスター達が参加する予定です。

プロジェクトの売り上げは全てLGBT Center of Central Floridaに寄付され、犠牲者とその家族やコミュニティのために役立てられるとのこと。曲は6月20日(月)からブロードウェイレコードのサイト上でダウンロードを開始する他、iTuneでも購入が可能になる予定です。

- Advertisement -

URLBroadway Records http://www.broadwayrecords.com

TOP STORIES