Advertisement
ホームニュースポリティックスビッグバードが政治家に!?...

ビッグバードが政治家に!?ワクチン巡って共和党重鎮とバトル

ワクチンを巡る政治的な対立は、子供たちの世界にも及んでいる。

セサミストリートの人気キャラクター「ビッグバード」のワクチンを巡る発言に、保守派の有力議員や論客が憤慨。非難の声を上げた。

今月から5歳から11歳の子供たちも、ワクチン接種が可能になった。ビッグバードは6日、ツイッターで「今日、コロナのワクチンを受けたよ!」と報告。「羽がちょっと痛いけど、抗体ができて、自分と他の人たちの健康を守ることができるんだ」と投稿した。

なお、1969年にデビューしたビッグバードは、2.5メートルの長身ながら、公式年齢は、6歳となっている。

子供へのワクチン接種を促すこの投稿は、現在4万5,000回リツイートされ、「いいね」は28万回を超えている。バイデン大統領を始め、感謝のコメントが数多く寄せられた。

この一方で、共和党の重鎮、テッド・クルーズ上院議員(テキサス州)は「5歳の子供に対する、政府のプロパガンダだ」と非難。別の投稿では、ビッグバードが、家のドアを蹴破って現れるミームを、「子供にワクチンするために、ビッグ・バードがやってくる」とコメントを付けて、シェアした。

このほか、フォックスニュースのコントリビューター、リサ・ブースは、「子供の洗脳」と批判。2020年大統領選で、トランプ陣営のシニアアドバイザーだったスティーブ・コルテスは、「邪悪」なプロパガンダだと攻撃した。

よりダークなコメントも寄せられている。テネシー州から下院議員への出馬を表明しているロビー・スターバックは、ビッグバードは数日後に、レアケースと言いながら、心臓発作で倒れた写真を投稿するだろうコメント。SNSのインフルエンサーでオルタナ右翼のマイク・セルノビッチは「鳥の心筋炎の治療って、どうなってるの?」と投稿した。

セサミ軍団が仕返し?

保守派の攻撃に対抗し、セサミキャラたちのパロディアカウントも登場した。

クルーズ議員のツイートの直後に作られたというビッグ・バードのパロディアカウントは、「テッド、本音で話そう。プロバガンダを言っているのはお前の口だ」と投稿。「だからこそ、私はお前の議席を奪うために出馬する」と、次期上院選に名乗りを上げた。

さらに「テッド・クルーズと違って、私は、テキサスがトラブルに見舞われている時に、カンクンに逃げたりはしない」などと攻撃した。

今年2月、テキサス州で大寒波による停電や断水などの被害が拡大する中、クルーズ議員は家族で、メキシコのリゾート地、カンクンに出かけ、非難の嵐にさらされた。

ビッグバードの財務担当に雇われたというカウント伯爵のパロディも登場。大統領選挙の結果認定に反対したクルーズ議員とジョシュ・ホーリー議員が一緒に撮影された写真に、「反逆者」とコメントをつけて投稿した。

カウント伯爵のほか、ビッグバード(パロディ)の選挙陣営には現在、クッキーモンスター(キャンペーンマネージャー)、エルモ(上級顧問)、バート(コミュニケーションディレクター)が、加わっている。

TOP STORIES

What's New