ホーム ニュース Banksyのゲリラアート...

Banksyのゲリラアート ネズミの時計が数日で撤去される

先週マンハッタンの建物に現れた匿名のストリート・アーティスト、バンクシー(Banksy)によるネズミのグラフィティ。多くのメディアで取り上げられ、既に観光名所となるほど話題となっていたが、20日午後、建物所有者の命令により時計とともに突如撤去された。
グラフィティが描かれたのは、14thストリートと6アベニューの交差点の北側にある建物(住所:101 W 14th St)の正面に掲げられた時計。元銀行の建物は、既に閉鎖されている。

Banksy
Banksyによるネズミのグラフィティ©mashupNY

banksy
20日、作品は時計ごと撤去された©mashupNY

- Advertisement -

作業員らが時計を建物から外す様子が、ソーシャルメディアに投稿された。

Curbedによると、建物の所有者は、民間のデベロッパーGemini Rosemont氏で、作品の描かれた時計を撤去したことを認めた。
同氏の広報の発表によると、建物の解体に先駆け、撤去した時計はストレージに保管されたという。作品の取り扱いについては、いくつかの選択肢を検討していると述べている。

この建物は、昨年解体されることが決定しており、設計会社のODA New Yorkが、新たな13階建てのコンドミニアムを建築する予定だ。

Banksy作品は、ノリータほか数カ所に設置

Banksy
HoustonとBoweryの交差地点に設置された大型の壁画©mashupNY

ゲリラ的に社会風刺的なグラフィティアートを描くことで有名なBanksy。今回撤去されたアートのほか、トルコ政府に拘束され、投獄されているジャーナリストゼラ・ドーガン(Zehra Dogan)氏の解放を訴える巨大壁画や、ブルックリンのミッドウッド(Midwood)にあるコニーアイランドアベニュー、ハーレムに作品を設置したとインスタグラムに投稿した。

View this post on Instagram

Coney Island Avenue

A post shared by Banksy (@banksy) on

ストリートアーティストBanksyの最新アートがNYに登場

関連情報

ファイブポインツのグラフィティ消去のオーナーに7.4億円の賠償命令

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES