ホーム ニュース マイケル・アベナッティ弁護...

マイケル・アベナッティ弁護士 DV容疑で逮捕

トランプ大統領の性的関係の口止め料問題で、ポルノ女優ストーミー・ダニエルズ氏(Stormy Daniels)の代理人を務めたマイケル・アベナッティ(Michael Avenatti)弁護士(47)が14日、家庭内暴力の容疑でロサンゼルス市警に逮捕された。

第一報を報じたゴシップサイトのTMZは、被害者はアベナッティ氏の元妻リサ・ストーリー(Lisa Storie)さんであるとし、アベナッティ弁護士は、ロサンゼルスのセンチュリーシティエリアの自宅でストーリーさんと口論になった末、蹴り飛ばして追い出した、と情報筋の話を報じた。

- Advertisement -

しかしこの後、ストーリーさんの代理人が声明を発表し、事実を否定。声明によると、事件発生の日、ストーリーさんはアパートに滞在しておらず、また過去に一度も暴力を振るわれたことや、アベナッティ氏が他人に暴力をふるった事実はないと述べている。

一方、アベナッティ氏は「私は人生において一度も虐待を行ったことはない。その晩私はその場にいなかった。疑惑が完全に晴れるのを楽しみにしている。」と声明を発表した。

ロサンゼルス市警は、アベナッティ氏が保釈金が5万ドルに設定されたことを発表した。

アベナッティ氏は、ストーミー・ダニエルズ氏の代理人を務めたほか、ブレッド・カバノー氏の最高裁判事の承認中手続き中に、カバノー氏から過去に性的暴行を受けたと名乗り出た女性の代理人を務め話題となった。
最近では、民主党から2020年の大統領選に出馬する憶測が流れていた。

TOP STORIES

Recommended stories