アジア系女性催涙スプレーかけられる ヘイトクライムで捜査

NYPD

マンハッタンで11日、4人のアジア系女性が、見知らぬ女から差別発言を受け、ペッパースプレー(護身用の催涙スプレー)をかけられる事件があった。

地元テレビ局WABCによると、事件が起きたのは午後6時ごろ、ミートパッキング地区(ウエスト14ストリートと9ストリート)付近。被害者は全員、クイーンズ在住の20代の女性で、路上で開催されていたフラワーイベントに出かけていた。

ピンク色の服を着た女は、突然女性たちに「私に嫌がらせをしようとしている」などと難癖をつけてきたという。

女性たちは「嫌な思いをさせるつもりはなかった」「そのように感じさせたつもりはなかった」と釈明したが、女の怒りは収まらず、「自分の国に帰れ」「あなたたちの居場所はない」などと暴言を吐いた上に、催涙スプレーを取り出した。

女はこの間、通りすがりのアジア人男性にも「国に帰れ」といった差別発言を浴びせた。女性たちが遠ざかろうとすると、女はスプレーを噴射。女性たちの顔や目にあたった。被害者の1人は、同局の取材に「焼けるような痛みだった。30分間は目を開けることができなかった」と話した。

4人ともニューヨーク市で育ったという。憎悪犯罪が増加しているため、警戒していたが、今回の事件は予想できなかったと語っている。このうちの1人は、差別発言を受けたことがあるが、暴力行為は初めてだと明かした。

これとは別に、女は同日、13歳の少女を含む3人の女性をめがけて、ペッパースプレーをかけ、暴言を浴びせたという。

ニューヨーク市警察は今回の事件に関して、ヘイトクライムでの捜査を開始したと発表。女に関する情報提供を呼びかけている。

憎悪・過激主義研究センターによると、アジア系コミュニティに対する憎悪犯罪は昨年300%増加した。バイデン前大統領は31日、世界的に人気の男性グループBTSをホワイトハウスに招き、ヘイトクライムについて意見を交わすなど、問題の認知向上に務めている。