ホーム ニュース 米テキサス州サンタフェ高校...

米テキサス州サンタフェ高校で銃撃事件 10人死亡

18日の午前7時45分ごろ、米南部テキサス州サンタフェ(Santa Fe)高校で銃撃事件が発生し、10人が死亡、1人の警官を含む10人が負傷した。爆発物が構内の敷地内及び周辺で発見され、警察は市民に警戒を呼びかけている。

容疑者は17歳の生徒

発砲したのは、17歳のDimitrios Pagourtzis容疑者で、殺人の容疑で拘束されている。警察が押収した資料には、銃撃を遂行した後、自殺すると記した日記が発見されている。容疑者に逮捕歴はない。Pagourtzis容疑者のほか、1人が拘束されている。
銃撃に使用されたのは、ショットガンと38レボルバーの2つの銃器で、ともに容疑者の父親が合法的に所有していたものとみられる。容疑者宅及び車中からは、火炎瓶の一種、モロトフ・カクテル(Molotov Cocktail)を含む爆発物が発見された。

- Advertisement -

テキサスのグレッグ・アボット(Greg Abbott)州知事は、私が知る限り、テキサスの学校における史上最も凶悪な事件だと述べた。

襲撃された生徒の一人は、「(銃撃は)そこらじゅうで起きている。ついに、ここでも起こったなという感じで、なぜか驚くことはなかった。ただ怖くて、走り続けた。」と地元テレビ局KTRK-TVに語った。

事件直後、トランプ大統領は、「テキサスで銃撃が発生した。速報によると、どうやらよくなさそうだ。神のご加護を!!」とツイートした。

タイム誌によると、学校で起きた銃撃事件は、今回を含め2018年だけで22件にのぼる。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES