Advertisement
ホームニュースエンターテイメントニューヨーク映画祭が開幕 ...

ニューヨーク映画祭が開幕 2年ぶりに観客動員 注目の作品は?

24日、第59回ニューヨーク映画祭(NYFF)がスタートした。昨年はオンラインでの上映のみだったが、今年は観客を動員して開催された。市の規定に基づき、スタッフや観客には、ワクチン接種証明書の提出を義務付けている。

オープニングナイトには、シェイクスピアの戯曲「マクベス」をもとにしたジョエル・コーエン監督の「マクベスの悲劇」(The Tragedy of Macbeth)がワールドプレミア上映された。
マクベスと妻を演じるのは、オスカー受賞のデンゼル・ワシントンとフランシス・マクドーマンド。コーリー・ホーキンズが、マクダフを演じる。米国での劇場公開は12月25日、1月14日以降はApple TV+で配信する

10月1日のセンターピースには、サヴェージ・トーマスの小説を映画化した「パワー・オブ・ザ・ドッグ」(The Power of the Dog)。監督はジェーン・カンピオン、キルスティン・ダンストとベネディクト・カンバーバッチが主演を務める。

(Photo courtesy of Netflix)

10月8日のクロージングナイトには、NYFFの常連ペドロ・アルモドバル監督・ペネロペ・クルス主演の「パラレル・マザーズ」(Parallel Mothers)が選ばれた。

(Photo courtesy of Sony Pictures Classics)

日本からは、カンヌやベルリン映画祭で高い評価を得た濱口竜介監督の2作品が選ばれた。村上春樹の短編小説をもとにした『ドライブ・マイ・カー』(Drive My Car)(10/3 & 10/4)と、『偶然と想像』(Wheel of Fortune and Fantasy)(10/2 & 10/3)のほか、細田守監督のアニメ『竜とそばかすの姫』(Bella)(9/25 & 10/1)を上映する。

ドライブ・マイ・カー』(Drive My Car)(Photo courtesy of 2021 Culture Entertainment, Bitters End, Nekojarashi, Quaras)

カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを獲得したジュリア・デュクルノー監督の「チタン」(Titane)や(9/26 & 9/27)や、ネラ・ラーセンの小説を映画化した「パッシング」(Passing)、ウェス・アンダーソン監督の「フレンチ・ディスパッチ」(10/2、10/3、10/10)、ティモシー・シャラメ、ゼンデイヤらが出演するSF大作『DUNE/デューン 砂の惑星』(10/8)、マイク・ミルズ監督、フォアキン・フェニックス主演の「カモン カモン」(C’mon C’mon)(10/4)など注目の作品が揃う。期間は10月18日まで。

チタン」(Courtesy of NEON)
カモン カモン」(credit Tobin Yelland)
フレンチ・ディスパッチ」(Courtesy of Searchlight Pictures)

ニューヨーク映画祭:www.filmlinc.org/nyff2021
ラインナップ一覧:https://www.filmlinc.org/nyff2021/guide/

TOP STORIES

What's New