8日に投開票が行われた米中間選挙では、民主党が当初の予想よりも善戦。共和党のレッドウェーブは、「さざ波」に終わったなどと皮肉の声が上がった。しかし民主党の牙城ニューヨーク州では、現職に敗れたものの、トランプ支持の共和党知事候補が票を伸ばし、僅差となった。また連邦下院選では、4議席を奪還した。

知事選では、初当選を果たした現職のキャシー・ホークル知事(52.9%)と、対抗馬リー・ゼルディン下院議員(47.1%)との得票差は、現段階で5.8%となり、1994年の知事選(ジョージ・パタキ対マリオ・クオモ)以来の接戦となった。

lee zerdin
共和党の知事候補、ゼルディン下院議員(MashupReporter)

ゼルディン氏は、9日の敗北宣言で、ホークル氏の初当選を祝いつつ、「ブルー中最もブルーの都市で、一世代に一度のキャンペーンだった」と成果を振り返った。続けて「みな経済や安全、自由、子どもたちの教育の質が脅かされていることに嫌気が差しており、ホークル陣営は、住民が我慢の限界に達したことに気づくべきだ」と警告した。

ニューヨークタイムズが公表した2020年大統領選とのマージン比較では、州全域が共和党寄りとなった。

ニューヨーク市内では、スタテン島や、ロシアやウクライナ移民が多いサウスブルックリン、ユダヤ教の超正統派コミュニティのあるウィリアムズバーグ周辺の住民がゼルディン氏を支持した。

マンハッタンのマーク・レヴィン区長(民主党)は、2014年と2022年の選挙結果をツイッターに投稿し、党再建の必要性を訴えた。

下院は民主党が多数派を維持しているが、ニューヨーク市郊外の激戦区は、ほぼ全ての選挙区で共和党が勝利を収めた。

ハドソンバレー(17区)では、民主党下院議員選挙運動委員会のトップを務めるショーン・パトリック ・マロニー下院議員が、共和党のマイク・ローラー州議会議員に敗北を喫した。タイムズによると、選挙対策委員長が議席を失うのは、両党で30年ぶり。

ゼルディン氏の地元ロングアイランドでは、共和党が4議席を独占した。ゲイを公表した候補者同士の対決となった第3区では、共和党のMAGA候補ジョージ・サントス氏が、現職のロバート・ジマーマン下院議員を破り、初当選を果たした。

民主党苦戦の要因は?

NY州の知事選で、女性として初めて当選したホークル知事

「ディープ・ブルー」のニューヨーク州が、今回共和党寄りに傾いた理由に関して、政治ジャーナリストのロブ・バーカン氏はアトランティックへの寄稿で、選挙区の再編成に失敗したことや、犯罪の増加、ホークル氏の選挙活動が有権者にアピールしなかったことを理由に挙げた。

今回敗北した選挙対策委員長のマロニー氏は、メディアが有権者に与えた影響を指摘。ニューヨークタイムズのインタビューに対し、ニューズコーポレーション傘下のニューヨークポスト紙は、治安の悪化に焦点を当てた報道を展開し、Foxニュースを含む保守系メディアの「ヒステリーと戦う必要性」に迫られたと振り返った。さらに、影響力を持つ若手左派のアレクサンドリア・オカシオ・コルテス下院議員について、資金や政治運営の面で、民主党候補者を支援しなかったと非難した。

一方、オカシオ・コルテス氏は、ニューヨーク州民主党委員会のトップを務めるジェイ・ジェイコブス氏の責任を指摘し、辞任を求めた

4年前の知事選で、20ポイント差で共和党候補を破ったアンドリュー・クオモ前知事は、地元のラジオ番組で、共和党の勝利は「民主党が犯罪否定論者になれなかったことだ」と指摘。今回の選挙結果は「真の警鐘」と述べた。

ポリティコによると、司法委員会委員長のジェロルド・ナドラー下院議員は8日、民主党の地域における犯罪増加は「共和党のマントラ」と批判しつつも、実際に犯罪は増加していると述べ「有権者に適切なメッセージを送ることができなかった」と陣営の非を認めた。

一方、左派のストラテジスト、ゲイブ・トビアス氏は「犯罪パニックは、右派が選挙のたびに作り出す移民のキャラバンのようなもので、ひねくれた戦略」と批判。激戦区ペンシルベニア州の上院選で勝利を収めたフェッターマン副知事を引き合いに出し、「勝者は、経済的正義と中絶に焦点を当てている」と反応した。